重要そうな事からどうでも良い事までお届けする雑記ブログ

1か月健診の記録~持ち物から検診内容まで~

2018/01/11
 

 

こんにちは、薫です!

1か月健診、出産後に初めて赤ちゃんの成長を実感できるイベントですよね。

私にとって、退院してから1か月健診までの3週間は本当に長く感じ「やっと…やっと…1か月か…。」と楽しみどころか、これから先が思いやられる気持ちでいっぱいでした。

しかし、実際に健診に連れて行き我が子の成長を見ることが出来たのはやっぱり嬉しいもの。

というわけで、今回は私が初めて経験した1か月健診の様子をお伝えしたいと思います。長いので、読むのダルい…という方は目次で気になる項目に飛んでくださいね。

スポンサーリンク

病院までどうやって行った?

里帰り先で車もなかったので、タクシーで抱っこして連れて行きました。

タクシーであれば、ベビー(チャイルド)シートの着用義務はなので、抱っこのままでOKです。自家用車で行く場合は必ずベビー(チャイルド)シートを使用してください。

生後1か月、まだまだグズルことも多いでしょうし、弱い赤ちゃんですから、人が多いバスや電車などの公共交通機関はできるだけ避けた方が良いと思います。

自家用車かタクシー、病院が目と鼻の先にあれば抱っこあたりが無難ではないでしょうか。

何を持っていけば良い?

赤ちゃんのお世話で忙しいでしょうが、忘れ物が無いかチェックしましょう。

母子手帳

病院に行くときに限らず、これからは外出するときには常に携帯していましょう。何があるか分からないですからね。

保険証(お母さんと赤ちゃんの分)

お母さんは普段から自分の保険証を持って歩いていると思いますが、赤ちゃんの分も忘れずに持っていってくださいね。

まぁ、健診自体は保険適用ではないので、何か異常がなければ、無くても問題はないですが。

乳児医療証

乳児医療証は、恥ずかしながらその存在を知らなかった為、この時は持っていなかったです。その後も役所から勝手に送られてくるものだとばかり思っていたら、いつまでたっても来ず。

赤ちゃんの健康保険証が届き次第、役所に手続きしないと貰えないことを知り、マッサンに取りに行ってもらいました。

というわけで、こちらも最悪手元に無くても健診を受けられないことはないので、ご安心を。

診察券

赤ちゃんは初めての受診という扱いだったため、自分(お母さん)の分だけ持っていき、赤ちゃんの分は当日発行してもらいました。

1か月健診の補助券

私の場合は妊婦健診の補助券の冊子の中に一緒に付いていました。費用の助成が受けられるので、必要事項を記入の上で持参しましょう。

お金

いくらかかるか分からないので、現金は1万円くらいあれば問題ないと思います。カード払いが出来る病院であれば、クレジットカードを持って行っていきましょう。

ただし、保険証が手元にまだない場合は検診以外で何かかかる費用(目ヤニの為の目薬など)がある場合は、とりあえず全額負担、乳児医療証が無い場合は2割負担(どちらも後から返金してもらえます。)になるので、1万円以上持って行った方が確実かと思います。

おむつ・おしりふき

息子の身長や体重を調べてもらうため、看護師さんに息子を渡したのですが、その時「おむつ汚れてたら変えるので1枚新しいのもらっていきますね。」と言われました。

なので、おむつは通常のお出かけの時と同様に2,3枚持っていくと良いと思います。一緒におしりふきも入れておきましょう。

着替え(汚れた時用)

経験のあるお母さんも多いと思いますが、赤ちゃんはおしっこやうんち漏れなどでよく服を汚すので、着替えは最低1組は持って行った方が良いと思います。

持ってない時に限って漏れる…なんてことも良くありますからね。

ミルクと道具一式

混合やミルク育児のお母さんは、念のために持っていきましょう。

私も混合育児だった為、母乳だけで足りなくてグズられると困ると思い、ミルクとお湯、哺乳瓶を持っていきました。

おむつや汚れた着替えを入れる袋

おむつは病院によっては処理してくれるかもしれませんが、汚れた着替えは自分で持ち帰るしかないので、うんちで汚れた服をそのままバッグにイン!はさすがに勇気と覚悟が必要なので、持って行った方が良いです。

私がよく忘れるアイテムの一つです。

どんな服装で行く?

私は内診と母乳外来があるため、授乳口付のワンピースを着ていきました。

息子は、短肌着とカバーオールを着せて行きました。ちなみにゴールデンウィーク前の少し暑いかな、という季節。

寒い時期の場合でも肌着とカバーオール、ツーウェイオールにおくるみなどでしっかり巻いて暖かくして出かけてあげれば良いと思います。外にいる時間は最小限にしてあげましょう。

自宅の前にタクシーや車を付けてもらえば、冷たい外気に触れる時間も最小限で済みます。

何をするの?

お母さんの健診をした後に赤ちゃんの健診、その後母乳をあげていたので、おっぱいの状態を見てもらうために母乳外来にいきました。

それぞれ詳しくは下記に。

お母さんの健診

妊婦健診と同様に体重、血圧、検尿の検査からスタート。産後の悪露の状態や体調にトラブルが無いか等の問診があって、その後に産後の子宮の戻り、私は帝王切開だったので、子宮の傷の回復具合を診るための内診とエコー、それに加えて切ったお腹の傷の確認がありました。

ちなみに血液検査は無かったです。

産後の回復や体調などに問題なければ、この日からシャワーではなくお風呂(湯船)に入れます、やったね!

赤ちゃんの健診

赤ちゃんが看護師さんに連れて行かれて、体重、身長、胸囲、頭囲の測定、モロー反射などの反応が正常にあるか等調べられました。

その後、小児科の先生との問診と聴診器を当てての診察という流れでした。

一応、私が問診時に聞いてきた内容をまとめましたので、ご参考にどうぞ。

よく唸っているのはなぜ?

ユウくんはよく「ン゙~ン゙~」と唸っていたので、何が原因か聞いてみたところ、「聴診器当てたら、お腹に結構ガスが溜まってる。」とのことでした。

「ゲップを十分に出してあげてください。片方のおっぱい飲んだら15分くらいトントンとしてあげてね。」と言われました。

ゲップに関しては入院中、助産師さんに「最悪、ゲップ出なかったら、オナラで出ちゃうんで大丈夫ですよ。」と言われていたので、衝撃でした。5分くらいしかしてなかったので。

目に指を突っ込んでて怖いんですが…

よく、目に指を突っ込んで(いるように見え)たので、それも聞いてみましたが、特に問題無いとの事。赤ちゃんでも、目に何か入ろうとすると反射で目を閉じてガードするらしいので、大丈夫…らしいです。

そうは言われたものの、見てて怖かったです。

目ヤニが結構酷いんですが…

片目だけすごく目ヤニが出て、時々目ヤニで目が開かなくなってる時があったので、これも質問。

「うーん、何とも言えないけど、もうしばらく様子見て酷くなるようであればまた来てください。」と言われ、特に目薬などの処方は無かったです。

その後、段々と落ち着き、いつの間にか出なくなっていたので、一過性のものだったようです。

体重、増えすぎじゃないですか?

健診で測ったところ、出生時と比べて1.1㎏程の増加。今思えば、これくらいは適当な増え方だと思えるのですが、母乳外来で毎度「ちょっと日割りで増えすぎてるね。」と言われたのが気になってたんです。

しかし小児科の先生の回答は「1か月単位で見ると、これくらいで順調ですよ。」と言われホッとしました

頭のカス(脂漏性湿疹?)について

赤ちゃんって結構お肌が荒れがちですよね。うちのユウくんは頭にフケみたいなカス(脂漏性湿疹ですかね?)があったので、聞いてみました。

先生曰く「ベビーソープで全身をキレイにして、お風呂上りにはしっかり保湿してね。ベビーローションは結構ベッタリと頭まで塗っちゃっていいからね。」とのことでした。髪の毛あるけど、頭まで塗っちゃっていいんですね。

母乳外来

最後に母乳外来に行って、胸に嫌な痛み(乳腺炎の痛み)が無いかなど聞かれて、授乳してどれくらい飲めているか(ベビースケールで測って)の確認をしました。

この時、先ほどのユウくんの健診で測った体重を見て、看護師さんが「先週と比べて、日割りだと67gくらい増えてるね…。」と。

1か月スパンで見た体重は確かに順調でしたが、この最後の1週間は少し増えすぎたかな…、と少し反省して1回の授乳ではミルクをしっかり足し、頻回授乳は辞めようと思いました。

関連記事:もしかして母乳不足?泣く、グズる…この2つのサインで見極めよう!

費用は?

私と息子共に費用負担は0円でした。恐らく、出産時の入院費の中に入っていたんだと思います。

お住まいの自治体や病院によっては費用が発生したり(3000円~5000円というところが多いみたいですね)県外などへの里帰り出産などの場合は補助券が使えず、とりあえず支払いが発生し、後日お住まいの役所での手続き後に補助金の受け取りが可能な場合もあるので、確認してみてください。

1人で行っても大丈夫?

私は不安だったので、母に付いてきてもらいました。私の場合は、一緒に来てもらって正解だったと思います。

というのも、私がかかっていた病院は総合病院だったんですが、総合受付には赤ちゃんを寝かしておけるベッドなどが無く、受付や最後の支払いを済ませる間、赤ちゃんを抱っこのままか、もしくは少し離れた椅子に寝かせておくしかないかな…という状態でした。

なので、逆に受付にもベビーベッドが置いてあるような病院でしたら、受付や支払も問題なく済むかと思います。

ちなみに抱っこ紐ですが、新生児パッドを付ければ首すわり前から使えるものを購入していたのですが、なんだか怖くて使えず。

また、寝かせると泣くことが多いため、私が問診票などを書いている間は母が抱っこしてくれていたので、助かりました。もし、一緒に来てくれるご家族がいれば、付いてきてもらって間違いはないと思います。

おわりに

1か月健診、何をするのか、無事に終わるのか心配ですよね。私もドキドキしてましたが、相変わらず内診が嫌だっただけで他はすんなり終わりました。

忘れ物だけしないように注意ですね。生後1か月の赤ちゃんを連れて歩くだけで大変ですから、引き返して…ってなるともっと大変です。

不安があれば、素直に家族に話して一緒に来てもらうと良いと思いますよ。一生に何度もあるわけじゃないですし、2人目以降は慣れっこで1人で平気平気!ってなるかもしれませんし。

1か月健診で赤ちゃんの成長を感じてきてくださいね!

 

 

スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 井戸端ブログ , 2017 All Rights Reserved.