重要そうな事からどうでも良い事までお届けする雑記ブログ

赤ちゃんや乳幼児、夏に起こりやすい皮膚トラブルのまとめ

 

こんにちは、薫(@kaoru_morikida)です。

暑い日が続いてますね。冬場はカサカサに悩まされる赤ちゃんですが、暑ーい夏は冬とは違う皮膚トラブルに悩まされることも。

今回はそんな夏に多く起こりやすい皮膚トラブルについてまとめていきます。

スポンサーリンク

夏に起こりやすい皮膚トラブルは?

とびひ

伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)のことを「とびひ」といいます。

虫刺されや擦り傷、湿疹などを掻きむしった跡に黄色ブドウ球菌などが感染して起こります。

症状としては透明な水泡ができます。それを掻きむしって他の場所に付くと菌がうつって患部の範囲が広がってしまうので注意してください。時には発熱を伴うこともあります。

対処は抗生物質が主となります。早めに皮膚科を受診してください。他のお子さんにも感染する可能性があるので、できるだけ他のお子さんとの接触は避けたほうが良いかと思います。

水いぼ

伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)のことを「水いぼ」といいます。

ウイルスに感染することで発症します。

水いぼができやすいのは脇の下、脇腹、股の付け根などの皮膚が擦れ合うところです。特徴としては真ん中がくぼんで硬くツヤのあるイボができること。

放っておくと、どんどん広がっていくため一つでも「これかな?」というものを見つけたら、すぐにでも皮膚科を受診してあげてください。早めに対処することで酷い状態になるのを避けることができます。

お薬やイボを取り除くなど、どのように対処するかはお医者さんとよく話し合いましょう。

こちらもとびひ同様、他のお子さんに感染する可能性が高いので他のお子さんとの接触、また同じお風呂やプールに入らないように気を付けてくださいね。

オムツかぶれ

暑い夏はオムツの中も蒸れて皮膚がふやけます。ふやけた皮膚は傷がつきやすいので、傷ついた皮膚が炎症を起こした状態がオムツかぶれです。

予防策としては、こまめにオムツを替えてあげて清潔かつサラッと乾燥した状態に保ってあげることが大事です。

なかなか治らない場合は、カンジタ感染症の可能性もあるので「たかがオムツかぶれ」と考えず、皮膚科を受診させてあげましょう。

あせも

私も小さい頃はあせもが出て、痒くて痒くてたまらなかった記憶があります。想像するだけで痒くなってきますね。

汗や垢などが汗腺をふさいでしまい炎症が起こった状態があせもです。赤いブツブツ、見ているだけでなんだか可哀そうになってきます。

汗をかきやすい髪の生え際、首、脇の下、膝の裏、肘の内側などによくできます。

痒みが段々と酷くなってくると、我慢できず掻きむしってしまいますよね。その掻きむしった傷から菌が入って化膿してしまう場合もあるので注意が必要です。

予防策としては

  • タオルで汗を拭いてあげる
  • シャワーを浴びて汗を流す
  • 吸水性の良い服を選んで、こまめに着替えさせてあげる
  • 無理をせず家ではクーラーをかけてあげる

ということに気を付けてあげてください。

皮膚トラブルになったら何に気を付ければ?酷くならないポイント

まずは早めに皮膚科を受診しましょう

患部がジュクジュクしてきてしまってからでは治りも遅くなりますし、何よりお子さんが可哀そうなので早めに皮膚科を受診してください。

だたのかぶれだと思っていたら、ウイルス性の感染症だったなんていうことも考えられます。気づかぬうちに他の子にうつしてしまっているかも…。

かゆみ止めのお薬をしっかり塗りましょう

お医者さんなどで処方されたかゆみ止めのお薬、しっかり塗ってあげましょう。

痒みが治まることで、掻きむしりや感染の拡大を防ぐこともできますので。

爪を短く切っておきましょう

患部を爪で掻きむしってしまうのはもちろん、爪が伸びていると爪と肉(?)の間に汚れが溜まって衛生的ではないですよね。

なので、爪を切って清潔な状態に保っておきましょう。

患部をガーゼなどで覆ってあげましょう

まだ言葉で言い聞かせができない赤ちゃんはもちろん聞き分けができる年齢の幼児でも夜寝ている間に掻きむしってしまうかもしれないので、掻きむしり防止の為ガーゼで覆ってあげましょう。

また、ガーゼはできるだけこまめに替えて清潔に保ってあげてください。

おむつかぶれの場合は、こまめに新しいオムツに替えてあげて、サラッと気持ちいい状態を作ってあげましょう。

まとめ:気を付けたい夏の皮膚トラブル!「あれ?」と思ったら早めの受診、対処を

赤ちゃんや乳幼児のお子さんは「掻いちゃダメよ。」と言っても掻いてしまうことが多いので、親御さんも頭を悩ませてしまいますよね。

まずは皮膚トラブルにかからないように気を付けたいものですが、それでも防ぎきれない場合は多々あります。

皮膚トラブルにかかってしまったら、まずは信用できる皮膚科の先生に相談してみましょう。場合によっては、皮膚科よりも総合的な小児科医の先生のほうが見立てが良い場合もあります。なので「この皮膚科はちょっと…。」と思ったら小児科を受診してみるのも良いかと思います。

 

 

スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 井戸端ブログ , 2018 All Rights Reserved.