重要そうな事からどうでも良い事までお届けする雑記ブログ

お腹の赤ちゃんの頭が大きい、水頭症?障害が?…我が家は無事に産まれてきました!

2018/01/11
 

 

こんにちは、薫です!

実は、息子が28週の妊婦健診からずっと言われていたことがあります。それは「頭が大きい。」ということ。

初めての妊娠で色々検索しては不安になる私。病気なのかな?なにか異常があるのかな?色々考えてしまいました。

結果的には産まれて特に異常もないので、安心しました。今「頭が大きい」と言われて心配しているお母さんの不安を減らせたらな、と思って今回この記事を書きましたので、よかったら読んでいってくださいね。

スポンサーリンク

ずっと言われていた「頭が大きい」

28週の妊婦健診、いつものようにエコーを見ているとエコー技師さんが「うーん、頭が大きいね。」と言われました。エコーで測ると、この時点で頭の大きさが9㎝近くありました。

その後、里帰り先の病院に行ってからも毎回「頭が大きい、大きい」と言われたので、ずっと「病気とかじゃないよね?」不安に思っていました。

関連記事:臨月の妊婦検診で久々の内診と帝王切開の可能性!?~妊娠36週~

エコーは誤差もあります

エコーは直接赤ちゃんに触って測れるわけではないので、どうしても誤差が出ます。

1度「大きい」と言われても、次回他の人に診てもらったら、そうでもなかったということもありますから、1度言われただけで、そこまで気にする必要はないです。

まぁ、私みたいに毎度毎度言われたら、多分大きいんでしょうけど。

遺伝も関係ある

遺伝により、親族の形質が赤ちゃんに出ることは珍しいことではありませんよね。もちろん赤ちゃんの頭の大きさも遺伝する場合があります。

我が家の場合、私は「頭ちっさ~」と言われるので、私似ではないですが、主人は結構頭が大きいです。息子が産まれた時、私の母が「お父さんが頭大きいから似たのかな?」と言っていました(もちろん主人が居ない時にね)。

いつも思うんですけど、子供って「これ、似てほしくないな~。」と思うものほど何故か遺伝しますよね(笑)

病気や障害が潜んでいる?

基本的にはお医者さんから何も言われなければ問題ないと思います。

妊婦検診というのは、お母さんと赤ちゃんに問題が無いかをチェックするものです。ですので、何かお医者さんやエコー技師さんが見て分かる異常があれば、必ず言ってくれます

逆に何も言われず、さっぱり終わったのであれば、今現在エコーで見て分かる病気などは潜んでいないと考えて良いかと思います。逆子の時もそうでしたが、特に何も無ければ何も言われませんし、何かあった場合のみ何か言われると思っておきましょう。

もし、それでも心配でしたら「特に何も異常はないですよね?」と軽く聞いてみてはどうでしょう。特に初めての妊娠だと私のように必要以上に心配、不安になってしまうお母さんは多いんじゃないかと思うので、お医者さんもそういった質問は慣れっこだと思います。

お医者さんから「問題ないですよ。」という言葉を貰えるだけでも安心ですからね。

ちなみに私が不安で調べた頭が大きい時に疑われる病気や障害は水頭症やダウン症などがありますが、それぞれ異常がある、疑わしい場合にはお医者さんから説明があるはずです。

以下にそれぞれ現れる症状を書いておきますね。

水頭症

  • 明らかに頭が大きくなる
  • 側脳室と呼ばれる部分の拡大がみられる

ダウン症

  • 鼻の根本がペチャンコで低い
  • 頭が大きい
  • 体は小さい
  • 小指の関節が少ない
  • 四肢が短い
  • 心臓に異常がみられる
  • 首の後ろのこぶのような膨らみが厚い

普通分娩は無理?帝王切開になる?

レントゲンの結果、私の骨盤が狭いということもあり、私の場合は、予定帝王切開になりました。

関連記事:帝王切開決定!レントゲン撮影で児頭骨盤不均衡の診断~妊娠37週~

しかし、赤ちゃんの頭が大きいからと言って必ず帝王切開になるわけではないので、お医者さんと最終的に相談して決まります。結局は赤ちゃんとお母さんの相性次第です。

助産師さんは「どんだけ大きい赤ちゃんでもお母さんの骨盤が大きかったりすれば全然普通分娩で産めるからね。」とのことでしたので。

ただ、難産になった場合には緊急の帝王切開になる、ということも頭に入れておいた方が良いです。

産まれてみたら、五体満足な赤ちゃんでした

結局、産まれてみたら特に異常もなく五体満足な赤ちゃんとして産まれてきました。

確かに頭は大きかったですし、7か月になった今も頭が大きくて少し不安定そう、首すわりも遅かったですが、スクスク育っています。よく笑う可愛い息子ですよ。

ちなみに私は新生児なんて見るの初めてだったので「別に頭大きくないじゃん。」と思っていたのですが、入院中に同じような時期に産まれた赤ちゃんを見たら息子より一回り以上頭小さい…。そうか、やっぱり頭大きかったのね、と痛感しました。

それでもまだまだ不安が拭えない部分も

五体満足に産まれてきてくれた息子。でも、それでもやっぱりまだ不安はあるのは事実です。

「自閉症の子は頭が大きい」という情報をネットで見たからなんですが、それはこれから成長してみないと分からないですよね。

我が家の息子の場合は頭が大きいということで色々と心配があるわけですが、世の中のお母さんもその他の色々な症状で悩んでいる方が多くいるんだろうな、と思います。

成長してから何か問題が見つかる可能性もあるわけですが、今は目の前の息子と向き合って、息子が無事に大人になれるように親として見守っていきたいです。

おわりに

というわけで、不安に思っているお母さん、うちの息子は何事もなく健康に産まれてきたので、少し安心していただけたでしょうか。

お医者さんから特に何も言われなければ、とりあえずは安心していて良いと思いますよ。不安だったら、聞いてしまっても良いんです、そのためのお医者さん、妊婦検診ですからね。

と、偉そうなこと言ってますが、産むまでは産むまでで不安があるし、産んだら産んだで不安があるし、これは私の性分なんでしょうがないのかな、と思います。この記事を読んでくれているお母さんもそうなんじゃないでしょうか。

でも、それだけお腹の中の赤ちゃんを大事に想っているってことですよね。不安な気持ちが少しでも和らいで無事に元気な赤ちゃんのお顔が見られるように願っています(^^)

 

 

スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 井戸端ブログ , 2017 All Rights Reserved.