重要そうな事からどうでも良い事までお届けする雑記ブログ

もしかして母乳不足?泣く、グズる…この2つのサインで見極めよう!

2018/01/10
 

 

こんにちは、薫です!

母乳育児が軌道に乗るまでは、母乳が足りてるかどうか心配になりますよね。

できれば可愛い我が子にお腹が空いて辛い、なんて気持ちを味あわせたくない、私もそんな風に思っていました。

しかし、母乳不足をどうやって見分けていますか?

私は、自分の勘違いで息子に飲ませすぎて逆に辛い思いをさせてしまったので、今回はどんな時が母乳不足なのかということをお話したいと思います。

スポンサーリンク

母乳不足?見分けるポイントは2つだけ

体重増加が十分か

母乳育児が軌道に乗るまでの新生児期~生後3か月は25~30g/日のペースで体重が増えていれば問題ありません。母乳は足りていると自信を持って大丈夫です。

ただ、赤ちゃんは機械じゃないので1日25~30gずつキッカリ増えていくわけではありません。15gしか増えない日もあれば、40gくらい増える日もあります。あくまで1週間や1か月のスパンで見て日割りで大体25g~30g増えていれば大丈夫ですよ。

おしっこの回数と量

1日に色の薄いおしっこを5~6回以上しっかりしているなら、母乳不足の可能性は低いです。

助産師さん曰く飲んだ母乳の3分の2はおしっこで出てしまうとのことでしたので、しっかりおしっこをしていれば、ちゃんと母乳を飲めていると思って良いですよ。

なので、オムツを1日5~6回変えているけれど、オムツは湿る程度で軽い、黄色くて濃い色の尿という場合は注意が必要です。毎回ズッシリと重みを感じる程度におしっこをしていないのなら、母乳不足かもしれないです。

でも、こんなサインは母乳不足じゃないの?

上記の2点をクリアしているけど、うちの子は満足してないみたい…と思っているお母さん。下記のようなケースは母乳不足以外でもあり得ますよ。

泣く、グズる

赤ちゃんは母乳不足以外にも泣いたりグズったりすることは珍しくないです。

例えば…

・眠りたくてもうまく眠れない

・お腹にガスが溜まっている

・暑い、寒い

・逆に飲みすぎて苦しい(体重が50g/日以上増えていたら注意)

中でも、うまく寝れなくて泣いたりグズったりしている赤ちゃんは意外と多いと思います。寝ぐずりというやつですね。実際にはグズるなんて可愛いものじゃないくらいに泣き叫ぶ子もいますけど(^_^;)我が家の息子とか…

少なくとも、息子は寝るのが下手で1日の睡眠時間が圧倒的に足りてなかったです。おかげで1日中グズグズと泣いてばかり、おっぱいが足りていないと勘違いして、結果、飲ませすぎてしまいました。

関連記事:寝ぐずりでイライラ…私が試した対策方法を紹介します!

授乳時間が長い

赤ちゃんの吸う力もその子によってまちまちです。

息子は哺乳瓶から飲むのにすごく時間がかかってたので、男の子の割には吸う力が強くなかったみたいです。片方のおっぱいだけで30分近く吸っていた時もありました。今では信じられないくらい勢いよく飲みますけどね(笑)

それに赤ちゃんってお腹を満たすためだけじゃなくて、精神安定剤のような感覚でおっぱいを吸っている時があります。

よく添い乳だとよく寝てくれるっていう赤ちゃんいますけど、おっぱいを飲んでお腹いっぱいで満足というより、おっぱいを吸ってて安心して寝てしまうんじゃないでしょうか。

搾乳で全然絞れない

搾乳で絞れる母乳量は赤ちゃんが直接吸った時よりも少ないです。赤ちゃんは一番の搾乳のプロ。

前回の授乳しづらい陥没乳頭、完母は無理?~私がやった3つの事と1つの事実~で「搾乳で母乳の分泌もある程度は維持することができる」と書いたのは、やはり直接吸ってもらった方が母乳がたくさん出るため。なので搾乳で絞れる量はそんなに気にしなくても大丈夫です。

手絞りで出ないというお母さん、手絞りですと私は上手くいかなかったので、搾乳器での搾乳がオススメです。

授乳後にミルクを足すとどんどん飲む

産まれたばかりの赤ちゃんは飲ませたら飲ませただけ、吐くまで飲むことも

私のいとこが赤ちゃんの頃、産後の入院中(なので生後1週間も経ってないですよね)に1度の授乳で200mlのミルクを飲み干してしまったそうです。今のようにミルクの量が制限されていない時代だったので、飲むだけミルクをあげていたらしく、おかげでいとこは太りやすい体質に。

ミルクと違って母乳はいくらあげても良いとは言いますが、私はその点については懐疑派です。

おわりに

母乳はどれだけ出ているか目に見えない分、足りているかどうか不安になりますよね。

母乳不足かどうかは体重の増加量おしっこの量で判断してくださいね。逆を言えば、それ以外のサインだけで母乳不足かどうかを判別するのは困難です(特に新生児時期は)。

体重の増加は毎日計る必要はありませんが、どうしても心配だから毎日チェックしたいというお母さんは、ベビースケールのレンタルなども最近ではできるので、軌道に乗るまでやお母さんが安心するまでレンタルして計っても良いと思います。

 


【レンタル1ヶ月】タニタ デジタルベビースケールBD-586 産院 母乳量が計れる体重計 量り 赤ちゃん用品 はかり[ fy16REN07 ] 【レンタル 体重計 ベビースケール】

 

 

スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 井戸端ブログ , 2017 All Rights Reserved.