重要そうな事からどうでも良い事までお届けする雑記ブログ

妖怪チョコレートクレー!!がおくる絶対おすすめ義理チョコ9選【私にもクレー!】

2018/01/13
 

こんんちは、チョコがある時代に生まれて良かった!薫です。

さて、いよいよ2018年、年も明けて来月はいよいよバレンタインデー。義理チョコって配ってますか?私の会社は皆配っているので、同調圧力で私も配るんですけど、無い方が良いですよね。

それでも、配らなきゃいけないわ!という貴女のために私がオススメする義理チョコを紹介していきます。義理チョコ選びに割く時間なんてもったいないですから、この中からチャチャッと決めちゃってください。

価格帯は1000円未満、500円未満の商品がほとんどです。

スポンサーリンク

リンドールミニギフト/リンツ

スイスの高級チョコレートメーカーのリンツ。そのリンツの中でも私がお気に入りなのがリンドール。外側の硬く薄いチョコレートの中には少し柔らかめのチョコフィリングが入っています。

リンドールはダークやキャラメルなどたくさんのフレーバーがあるのですが、こちらの義理チョコ仕様(なのかな?)は万人受けしそうなミルク。1粒も結構大きめなので、食べごたえがあります。

リンツは高級チョコと言いながらもそこそこお手頃な価格なのが嬉しいですよね。リンツの店舗に行くと、色々なフレーバーのリンドールの量り売りや、たまにリンドールを丸ごと1つ試食させている時もありますよ~。

近くに店舗がない…という人もネットで購入できます。価格帯が低めの商品は毎年品切れになることも多いのでお早めに!

リンツ公式ショップはこちら

シーシェルチョコレート/ギリアン

バレンタイン時期になると輸入食品店などでも見かけるようになりますよね。

私は「あー、バレンタインによく売ってるやつだ。味はイマイチなんじゃないの?」とか失礼なことを思っていました。こういう何かの形をしたチョコって、硬くて口どけも悪くて美味しくないじゃないですか。

しかし、会社の後輩がバレンタインにくれたんですよ、このチョコ。そしたら、舌触りも結構滑らかで甘さもくどくなくて美味しいんです!

甘く見てました…あ、チョコだから甘く…とかのギャグじゃないですよ。あらヤダ、あらヤダ…。

ショーコラ/バニラビーンズ

主人が付き合っている頃にホワイトデーのお返しでくれました。でも、チョコなので、バレンタインにもオススメです。

見た目は分厚いラングドシャといった感じ。実際、クッキーも結構分厚くサクサクしていて食べごたえがあります。そして何より美味しいのが、中のチョコレート。

これだけ分厚いと噛めないでしょ、と思うかもしれませんが、生チョコを普通のチョコレートでコーティングしてあるので、噛むと柔らかく滑らかな生チョコが口の中でとろけます。サクサクのクッキーに生チョコが絡んで美味しいですよ。

マイルドカカオとリッチミルクの2種類のフレーバーが楽しめるのも嬉しいですね。

こちらの2個入りのものはバレンタイン時期になるとリンドール同様に品切れになることもありますので、こちらもお早めに!

横浜煉瓦/霧笛楼

こちらは母の横浜の知り合いが送ってきてくれた時から大ファンのチョコレートケーキ。

手のひらにちょこんと乗るサイズですが、煉瓦と名が付くだけあって、形だけでなく、ズッシリとした重みが煉瓦を思わせます。もちろん、食べごたえは満点。濃厚なチョコレートの美味しさを感じますが、くどくなくて1個ペロッと食べれちゃいます。

チョコレートケーキにクルミソースが染み込ませてあるそうです。どうりで濃厚でコクがあるわけだ。

ホワイトチョコとベリーの横浜白煉瓦もありますが、私のオススメはこちらのノーマルな横浜煉瓦です!

義理ちょこっこ/ミホミフーズ

静岡のお土産「こっこ」ふんわりした蒸しケーキの中にミルククリームが入っていて美味しいですよね。そんな「こっこ」のバレンタイン仕様商品があるんです。

その名も「義理ちょこっこ」!もう、商品名に「義理」って入っているので、可愛い貴女や美人な貴女、義理チョコ渡しただけなのに勘違いされて困る…なんて悩みとはおさらばです。

通常の「こっこ」は卵の蒸しケーキにミルククリームですが、「義理ちょこっこ」はイチゴの蒸しケーキにチョコクリームという組み合わせ(チョコの蒸しケーキにイチゴクリームの年もありました)。甘酸っぱいケーキに甘いチョコクリームと相性の良い組み合わせで美味しいんです。あとね、パッケージのひよこちゃんが可愛い。

私は一度食べたらハマってしまって、おととし、去年とはるばる静岡のスーパーに買いに行きました。しかしネットでも買えます、安心してください。

こっこオンラインストアはこちら

ファンシーチョコレート/メリーチョコレート

メリーのファンシーチョコレートといえば、ザ・義理チョコ!ですよね。

小学生の女の子なら、こちらを好きな男の子にあげるかもしれませんが、大人な貴女にとっては義理チョコですね。

それなりに粒数も入っていて、パッケージも可愛いのでコスパは結構良いですよね。私も昨年いただいて食べましたが、さすがメリーチョコレート、味も美味しいです。皆さん義理チョコの為に購入するのか毎年早々に「売り切れました」の札が出ていることもしばしば。

迷ったらとりあえずコレ!という感じですね。

【ビアンクール】モンシュシュ プレーンショコラ

こちらもメリーチョコレートと同様、お手頃価格で見栄えも良い商品です。バレンタイン時期になると、いたるところで見かける商品ではないでしょうか。こちらも義理チョコ需要が高いせいか低価格なものからどんどん売り切れていく印象です。

お味も「最高!」というわけにはいきませんが、このお値段でこの味、見た目なら十二分に満足のいく商品。メリーチョコレートより知名度は低いので、知らない人からみれば案外良いチョコに見えるかもしれないですね。

猫のパッケージが可愛らしいので、猫好きな男性社員の方にピッタリです。

しあわせサブレ(チョコレート)3枚入/アンリ・シャルパンティエ

焼き菓子も生ケーキも美味しいアンリ・シャルパンティエ。通年商品のしあわせサブレは塩味の効いたサクサク食感のサブレ。

そのしあわせサブレにチョコレートをコーティングしたのがバレンタイン限定のしあわせサブレ(チョコレート)です。毎年デザインも違うパッケージもとても可愛くハート型のサブレは女性らしい印象ですよね。

サブレの塩味とチョコレートの甘さがベストマッチで3枚くらいなら一瞬で平らげる自信があります。

同じくアンリ・シャルパンティエのフィナンシェ・オ・ショコラ・クラシックもオススメです(確か昔はバレンタイン限定じゃなく通年商品でしたよね?)。

グーテ・デ・ロワ プレミアム/ガトーフェスタハラダ

名前が長いですね、んでもって美味しそうと言うより何か強そうな商品名の響きですね。サクサクと美味しいラスクで有名なグーテ・デ・ロワ。

普通の砂糖がかかったラスクも美味しいですが、グーテ・デ・ロワ プレミアム バレンタインエディションはラスクにお砂糖ではなくミルクチョコレートが両面にかかっている(コーティング)されています。

通常のグーテ・デ・ロワ プレミアム は金粉があしらわれているのに対しバレンタインエディションは情熱的な真っ赤なフランボワーズがあしらわれていてパケージも赤色で可愛い。

義理チョコなので、バレンタインエディションでも通常のものでもこの際どちらでも良いですね。1袋が200円未満なので、大人数に配らなければいけない人は1袋ずつ配るのが良いのではないでしょうか。

義理チョコは適当に選んで、本命チョコか自分用のチョコ選びに時間を割こう!

バレンタインの時期になると、この時期にしか出回らない商品がたくさん出てくるので、チョコレート好きにはたまらない季節ですよね。

そんな中、義理チョコに割く時間なんてもったいないので、サクッと決めて、好きな人や彼氏、自分が食べたいチョコレート選びに精を出しましょう!

男性から「今年から義理チョコいらないから」って言ってくれれば、悪しき風習の義理チョコ無くなりそうですけどね。

まぁ、とりあえずホワイトデーのお返しを楽しみにして待ってましょう。

 

 

スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 井戸端ブログ , 2018 All Rights Reserved.