重要そうな事からどうでも良い事までお届けする雑記ブログ

親の実家が田舎で何もない…それでも子供は楽しい~たまには田舎に帰省しよう~

2018/01/21
 

こんにちは、今日も田舎でボッチの薫です!

実家が遠方という方、いますか?私と私の両親は中部地区に住んでいるのですが、主人の実家は九州の田舎です。この間も息子を見せに帰省してきました。子供を連れての帰省って大変ですよね。

私の母も実家が関東なので、私が小さい頃は年に1回夏休みの時にだけ母と妹と帰省していました。田舎で大人からしてみれば「何も楽しいものない…。」っていう場所なんですが、私は毎年その田舎に帰るのを楽しみにしてました。

お金もかかるし、子供連れてっても子供喜ばないだろうし、と思っているお父さん、お母さん、子供は結構楽しみにしているかもしれません。

しばらく実家に帰っていないっていう人は、次の連休に実家に帰ってみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

母の実家は何もない田舎

母の実家は関東の田舎でした。近くにコンビニが一軒、少し歩いたところに図書館があるくらいで、それ以外は畑・田んぼ・畑・田んぼといった感じの超ド田舎

スーパーも30分くらい歩かないと無かった気がします。

おじいちゃんはよく「何もないけどなぁ…。」って申し訳なさそうに言ってました。でもって本当に何も無かったです。

それでも子供は楽しい

私と妹は女の子なので、虫取りとかはしません。それでも田舎の何もないおじいちゃんの家(祖母は私が生まれる前に亡くなってます)に行くのが大好きでした。

いつもと違う環境は子供にとってはとっても刺激的。

うちのおじいちゃんの家、もう古くて古くて家に蟻が巣食ってたんですが、家の中を行進してく蟻さん達を見るのも楽しい!蟻を見るのに飽きたら蟻の巣に蟻駆除スプレーを噴射するのも楽しい!子供って結構、残酷なことも楽しんでしますよね…。

戸棚にある角砂糖をこっそり食べるのが楽しい!(我が家はスティックシュガーしか無かった)

おじいちゃんと近くのコンビニに行くのが楽しい!コンビニなんてどこでもあるのにね、なんか楽しかったです。おじいちゃんはニコニコしながら付いてきてくれましたね。

旅館やホテルとは違って私たちも割と好き勝手にさせてもらえるので、それも楽しかったですね。

移動の時間も結構楽しい

新幹線に乗るのが楽しみでした。何が楽しみかっていうと、新幹線の中でアイスを買ってもらったり自分で選んだ好きな駅弁を食べるのが

新幹線の中で親子3人で楽しく食べるアイスは格別でしたよ。

車移動だと、PAで何か買って食べる感じですかね、あれも楽しいですよね。私が食べるの好きだからだけかもしれないですけど、なんか食べることばっかりで、すみません。

夏の思い出にはいつもお爺ちゃんのことを書いていた

小学生の頃って、何をしたか思い出を書く夏休みの宿題、無かったですか?毎回、私は母の実家に帰った時の事を書いていました。

「おじいちゃん家に行って○○をしました。おじいちゃんは耳が遠くていつも訳の分からないことを言います。」とか何とか書いていた気がします(笑)

書きながら、おじいちゃん家であったことを思い出して「楽しかったな」「また来年だな」と心待ちにしていたのが懐かしいです。

多分、母は大変だった

母の実家への帰省で父が付いてきたことは、私が記憶するところ一度もありません。なので、いつも母一人で私と妹を連れて新幹線に乗って帰省していました。

今思うと、チョロチョロ動き回る子供2人を連れて実家に帰るのは大変だっただろうな、と思います。東京に出てから、そこから更に電車に乗って最寄りの駅からはタクシー…っていう感じで軽く半日以上はかかってましたからね。

ある程度は宅急便で荷物を送りますが、荷物も結構ありました。途中でお土産も買いますし、重かったんじゃないかな

子供を連れて実家に帰ろう!

大人にとっては何もないド田舎でつまらない実家でも、子供の視点から見るとそうでもない気がします。

おじいちゃんは私が中学生の頃に亡くなってしまったので、それからは滅多に関東方面に行くことはないですね。

伯母さんも関東にいるのですが、実の姉妹といえど、それぞれ家庭を持ちましたから、1人暮らしの親の家に行くような感覚では行けないですし、母も関東に行くのは数年に一度法事がある時くらいになりました。その間、私たちは家で留守番です。

なので、ある意味、親が生きている間だけの期間限定の楽しみだと思います。

それに、孫の顔を見るのはご両親もきっと楽しみにしているでしょうから、しばらく実家に帰れてないな、という人は次の連休にご実家に帰省してみてはどうでしょうか?良い思い出になるかもしれませんよ。

今回、私もこの記事を書いていて、おじいちゃんとの思い出に浸ってしまいました。思い出は一生ものですね。

 

 

スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 井戸端ブログ , 2018 All Rights Reserved.