重要そうな事からどうでも良い事までお届けする雑記ブログ

0歳児(9か月)の赤ちゃんを連れて車で九州へ!帰省の持ち物リストと前準備~遠方の実家~

2018/01/12
 

 

以前、妊娠超初期の帰省の記事でも書きましたが、主人の実家は九州です。私たちが今住んでいるのは愛知県。帰るのは毎回結構大変です。

今年生まれた息子を見るために九州から主人の両親が来るという話もありました。しかし、今年は主人の両親、どちらも癌で手術をしたのでそれどころではないという話です。

九州の両親にとっても息子は初孫。お盆は流石に月齢が小さすぎるということで帰らず。年末は息子を連れて帰りたいな、と前々から主人と2人で話していました。そんな息子はもうすぐ9か月。荷物がとにかく多いので今回も車で行きます。

でも、九州への帰省はやっぱり大変、前準備もぬかりなくしたいところです。

そこで、自分の覚書もかねて、持ち物リストと前準備のことを書いておきたいと思います。

スポンサーリンク

持ち物リスト

九州の実家にはベビー布団などは無いため、全て車に積んで持って行きます。また、割と山奥で買い物もパッとは行けないので、離乳食なども全部持って行くことに。手土産は途中で適当に購入の予定です。

青文字は移動途中でも使う、もしくは使う可能性があるのでカバン、すぐ使える場所に出しておくようにします。

  • オムツ
  • おしり拭き
  • ブランケット
  • 哺乳瓶
  • 粉ミルク
  • 口を拭くウェットティッシュやハンカチ
  • 歯を拭くガーゼ(or 歯ブラシ)
  • ベビーソープ
  • 保湿剤
  • 綿棒
  • 爪切り
  • 保険証と母子手帳
  • 離乳食(市販のベビーフード)
  • スプーン
  • 食器
  • 食事用エプロン(移動中に使うのは使い捨てのもの)
  • ベビーチェア
  • あかちゃんせんべい
  • 飲み物(お茶など)
  • マグマグ
  • 着替え(濡れたり汚れたりした時用)
  • パジャマ
  • バスタオル
  • スリーパー
  • ベビー布団
  • 抱っこ紐・おんぶ紐
  • おもちゃ
  • 絵本
  • 赤ちゃんの写真

すぐに取り出せる荷物は事前にピックアップ

オムツ4,5枚とおしりふきは普段お出かけするときと同じように、オムツポーチに入れていきました。

オムツポーチはセリア、使用済みオムツを入れる袋はダイソーで買ったコンパクトなものを使用。

オムツを入れる袋は結構重宝してます。ペットコーナーにあるので、気になる方は探してみてください。

あとは厚手と薄手のブランケット1枚ずつと車内でちょっと遊べるおもちゃを1つピックアップしました。

このほかに私のバッグに替えの着替えを1組、母子手帳と健康保険証を入れました。抱っこ紐ももちろん装着。

お食事関係は1つの紙袋にまとめました。調乳用のお湯はPAにあればそれを使いますが、念のためにマグボトルでお湯を用意。

その他、離乳食やおやつ、お茶と道具一式を入れました。その後気付いたのですが、お口を拭くウェットティッシュも一緒に入れました。

ミルクは明治のほほえみらくらくキューブ

完母だったのですが、生後7か月になる少し前に混合にしました。なのでミルクも持参。

1日2回、120~160mlくらいミルクを足しているので、100ml用のスティックミルクだと中途半端だし、缶入りのものはミルクケースに分けて持って行くのも面倒でしたので、明治のほほえみらくらくキューブを購入しました。

あとは、使いかけのキューブを一時的に保存しておく小さなタッパーも持参。

関連記事:赤ちゃんの頑固な便秘、原因も分からない…解決するなら即効性はやっぱり綿棒浣腸!

9か月離乳食もモグモグ期からカミカミ期になるので注意した点

丁度、本当に丁度、帰省の時期に生後9か月を迎える我が家の息子。9か月というと、離乳食もモグモグ期からカミカミ期になって離乳食も順調であれば3回食になりますよね。

息子は離乳食が順調なのと、体重の増えが最近イマイチなので、帰省する日と同時に3回食にすることにしました。

関連記事:赤ちゃんが離乳食を食べない!私が試した一時しのぎ法~離乳食初期のゴックン期~

マッサンの実家でお粥だけは炊かせてもらうことに、おかずと朝の離乳食は既製品のベビーフードで

年末、九州に帰るだけでも結構クタクタ。そこから、材料を買いに行き、使い慣れないキッチンを借りて離乳食を作る…多分無理です、少なくとも私は(^_^;)

ただ、ご飯関係もベビーフードになると、味の付いたご飯に味の付いたおかずで結構こってり濃い味になってしまいそうなので、実家で お粥だけは炊かせてもらうことに。

お粥を冷凍保存するための容器(大)も6個くらい持参。

ベビーフードやお粥にプラスして手軽に栄養をプラスできるものを持参

ベビーフードとお粥だけですと若干栄養が悪くなりそうだったので、常温で持ち運べて手軽に離乳食にプラスできそうなものも一緒に用意。

今回用意したのは、きな粉、青のり、ツナの水煮缶とひじき缶です。

1回で使い切らないので、こちらも冷凍保存容器(小)を5個くらい持参。

朝の離乳食は瓶フードのお粥で

3回食にするということで、帰省の日から増える朝の離乳食。最初のうちは半分くらいの量から始めますよね。

外でもそのまま食べさせられるし、お米も野菜もタンパク質も同時に取れるので、朝の離乳食はキユーピーの瓶フードにすることにしました。

9か月用の離乳食だと1瓶100g、かなりよく食べる赤ちゃんなので、これくらいが丁度いいかな、と思います。

食べられるものが増える!初めて食べるものは朝か昼の離乳食で

9か月用の離乳食を見ていると、食べられるものも増えますね。

初めて食べるものに関しては、何が起こるか分からないので、朝か昼の離乳食で食べるように計画しました。

年末年始ということで普通のクリニックや診療所はやっていないかと思います。しかし、何かあった場合、救急に連れて行くにしてもやっぱり夜より昼の方がまだ落ち着いて対応できますよね。

 

6日間ほどは、お粥とベビーフード。結構量も多くどれをいつ食べさせるのか混乱しそうなので、シールにいつ食べさせるのか書いて貼っておきました。

移動中のお昼ご飯は和光堂のランチセット

移動日はどうしてもお昼の離乳食の時間は外で食べなければいけません。

なので、ご飯系のものとおかず系のものがセットになった離乳食を用意。和光堂からもキユーピーからも販売されていますが、和光堂のものは使い捨てのスプーンが付いているので和光堂のものを採用。

お食事エプロンも忘れずに

普段使っているの(布製)を使っても良いですが、ドロドロになったものを持ち歩くのもな…と思い、お食事エプロンは使い捨てのもの。

近くのセリアに見に行きましたが、見当たらなかったので、ネットで購入。10枚入りで税込108円(2017年12月現在)でした。

我が家の息子は食べこぼしをあまりしないので、少し薄そうですがこれで良いやと選びました。食べこぼしが多いお子さんだと、もう少し厚手のものの方が安心かもしれません。

今まで撮った写真をUSBメモリーに入れて持参

実はお盆には主人の主人だけ九州の実家に帰省しました。その時にデジタルフォトフレームとUSBをプレゼント。

デジタルフォトフレームで写真が見れるように今回も前回帰省した時から今までの写真をUSBに入れて持参します。

チャイルドシート(ベビーシート)も長時間ドライブの為に新調

長時間のドライブのため、また今使っているものが少し窮屈かな…ということで、この機会にチャイルドシートも新調しました。

買ったのは、アップリカのクルリラACです。作りもしっかりしていて回転するので、乗せ降ろししやすいのと、私の方に向けてちょっと気を紛らわすのに便利です。

渋滞を避けるため、有給を使って一日早く出発

2017年の年末年始のお休みは12月29日から始まる会社が多いため、29日に出発すると100%渋滞に巻き込まれるため、1日早い28日に出発できるように主人が有給を取ってくれました。

帰りは1月1日に実家を出て、どこかで1泊する予定です。

1日で行くか途中で1泊するか

これは悩んでいました。どちらにするか決まってなかったので11月に出発初日で行けそうな場所を2,3か所(広島、尾道、倉敷あたり)目星を付けて予約しておきました。

今のところ、29日になるといたるところで渋滞にはまる可能性があるので、28日の夜中(ユウくんは車で寝てもらう)に出て一日で行ってしまおうという話をしています。なので、宿はキャンセルしました。

一日で行く場合は四国経由でフェリーに乗って九州へ行くルート。自宅から九州の実家まで距離にすると700~800kmというところでしょうか。

帰りは実家を夜中に出てくるのはちょっと…という感じなので、途中どこかで1泊する計画です。

何かあれば引き返す

寒い時期なので、体調を崩さないとも限りません。なので、当然のことながら息子の様子がおかしい…となればすぐ引き返す、近くにある診療所に連れて行きどこかで泊まって引き返すつもりで行きます。

その場合は、九州のご両親にはごめんなさいします。

おわりに

息子には少し申し訳ないな…とは思うのですが、九州の両親に会わせるタイミングも結局無くなってしまったので、今回は息子に頑張ってもらおうと思います。

また、帰省して帰ってきたら参考の為と今回のように覚書としてレポート記事と次回の為にこの記事への追記を書きたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 井戸端ブログ , 2017 All Rights Reserved.