重要そうな事からどうでも良い事までお届けする雑記ブログ

地域の子育て支援センターへ行こう!おねだりするプレゼントの参考にも!

2018/01/11
 

 

こんにちは、薫です!

地域の子育て支援センターって行ったことありますか?

私が初めて子育て支援センターに行ったのは息子が生後5か月半の時。印象としては気楽に行けて自由に遊べるし良いな、また来ようといった感じです。

そこで、今回は私が実際に地域の子育てセンターを利用して感じたおすすめポイントをご紹介します。

私が行っているのは近所の保育園の中にある子育て支援センターなので、それをふまえて読んでいただけたらと思います。

スポンサーリンク

子育て支援センターの良いところ

無料で遊べる

私が行った子育てセンターは無料で利用できます。無料というところがほとんどかと思います。一時預かりとかではなく、プレイルームのようなところでお母さんと赤ちゃんが一緒に遊ぶ感じです。

子育て中は何かと出費が増えるので、無料で遊びに行けるというのはありがたい話ですよね。

保育士さんに育児の悩みを相談できる・聞いてもらえる

初めてのお子さんだと分からないことだらけ、不安なことだらけの中で育児しているお母さんも多いんじゃないでしょうか?

子育て支援センターに行くと、現役の保育士さんに相談して色々とアドバイスがもらえます。実際にお子さんを育てたこともあるベテランの保育士さんもいるかと思うので今抱えている不安、悩みを遠慮なく聞いてモヤモヤから解放されてはどうでしょうか(^^)

病院に行って聞くほどでもないんだけど…という悩みなんかも気軽に聞けるので良いのではないでしょうか。聞いてもらうだけでも気分が軽くなりますしね。

同じ学年のお母さんと話ができる

私が行っている子育てセンターは同じ学年のお子さんが集まるので(週によって利用できる学年が変わります)同じくらいのお子さんを持っているお母さん達とも交流できます。

私もそうなのですが、実家から遠くに嫁いで日中は子供と2人きりというお母さんにとっては、特に良い息抜きになるんじゃないでしょうか。

そういうの好きじゃない…というお母さんも別にお母さん達の輪に入ることを強要される訳ではないので、参加してみても良いと思います。

(その保育園に入れるなら)園の雰囲気も分かる

私は職場復帰したら預けようと思っている保育園に子育て支援センターがありました。なので、園児たちの様子、先生や保育園の雰囲気も分かるため偵察がてら参加してみたのが最初でした。

園児達は元気いっぱいで、保育士さんも優しそうな先生が多いので、来年の職場復帰の際にはこの園なら安心して預けられそう、という気持ちが持てました。

職場復帰予定で近所の保育園に併設の子育て支援センターがある場合は園の雰囲気を知るためにも参加してみる価値はありますね。園での生活のこと(スケジュール)や必要なものなども聞けば教えてくれます。

おじいちゃん、おばあちゃんにおねだりするおもちゃを探しに

子育て支援センターには、おもちゃがたくさん置いてあります。

「これ喜んで遊んでくれるかも」と思って買ったもののあまり反応が良くなくて、おもちゃボックスの肥やしになってしまうおもちゃ無いですか?

子育て支援センターだと色々なおもちゃを無料で遊ばせてもらえるので、おもちゃを買う際の失敗も少なくなると思います。

中には「ジィジとバァバにおねだりするおもちゃの下見に…。」なんてお母さんも居ましたよ、高いおもちゃは買ってもらうらしいです、ちゃっかりお母さんですね(笑)

子供にとっては良い刺激に~いつから連れてく?~

私が最初に行ったのは、息子がまだ生後5か月半の時です。まだ寝返りもしないし大丈夫かな…、と思って連れて行ったのですが、ガラガラなどで遊ばせました。

保育士さん曰く生後5か月くらいから遊びにくる赤ちゃんもチラホラいるそうなので、生後5か月を過ぎたら遊びに行ってみても良いかと思います。

その日来てたのは息子より月齢が大きい子ばかりでしたので、ハイハイやタッチしている赤ちゃんをジーッと観察していた息子。私も「あんな風に動く日がやってくるのか…」と息子と一緒に観察(笑)

動けなくても、いつもと違う環境や他の赤ちゃんを見るのは良い刺激になったのか楽しげで、家に帰ったらよくお昼寝をしてくれました。

刺激を受けると良く寝る日もあるし、興奮して寝ない時もあるし、分からんですな。

利用する際のポイント

予約が必要なことも

私が行っている子育て支援センターは1日10組の予約制で、この週は0歳児さん、この週は1歳児さんと学年別で集まれるようになっています。

予約が必要なことを知らずに行って結局遊べなかった…違う学年の子の日だった…なんていう事が無いように事前にセンターに確認してみてください。

急に都合が悪くなった場合は、ちゃんとキャンセルの連絡も入れましょう。

人が多いのは月曜日と地域の児童館がお休みの曜日

1日2組の日もあれば10組フル予約の日もあります。

傾向としては、図書館などの公共の施設がお休みの月曜日と地域の児童館のお休みの曜日は参加人数が多くなります。

私は人見知りのため、出来るだけ予約の少なそうな曜日を選んで行ってます。その方が、あまり周りを気にせず遊べるし、少人数の方が保育士さん、他のお母さんと話しやすいので。

おわりに

興味はあるけどなかなか行く勇気が無くて…というお母さん、近所に子育て支援センターがあるなら、一度出かけてみては?次回の予約も強制される訳ではないですし。

お母さんにとっても赤ちゃんにとっても良い時間になるんじゃないかな、と思います。私は日中子供と2人きりという結構孤独な環境なので、その状況から抜け出せる貴重な時間です。

保育園がやっているものでなくても、私が加入しているコープの子育て広場(1回100円)ショッピングモールの中にある子育て相談室やプレイルームもあるので、家から一番近いところを探して行ってみるのも良いかもしれません。

では、皆さんの子育て支援センターデビューを応援していますよ~!

 

 

スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 井戸端ブログ , 2017 All Rights Reserved.