重要そうな事からどうでも良い事までお届けする雑記ブログ

子供嫌いな私でも自分の赤ちゃんは可愛い。でも他の人に「子供産みなよ、絶対可愛いから!」とは言わない。

2018/01/12
 

こんにちは、息子に無視されると凄く落ち込みます…薫です。

息子が可愛い可愛いと言っている私ですが、実は私は子供は好きじゃありません。好きか嫌いかどっちかで答えろ、と言われれば、うーん…嫌いの方に入るかな(笑)

それでも自分の子は可愛いんです!!でも、だからと言ってまだ子供のいない友人とかに「子供可愛いよ!早く産みなよ!」とは絶対に言いません

今回はその理由についてお話しようと思います。

スポンサーリンク

私は自他ともに認める子供嫌い

自分だけじゃなくて、他の人の目に見ても明らかなくらい子供は好きじゃないです。この間、友人と会った時に小さな男の子がいたので「可愛い」と言ったところ、友人から「薫ちゃん、子供好きだったっけ?」と質問されました。

もちろん、私の答えは「ううん、好きじゃないよ。」。でも息子と同じ男の子、同じくらいの歳の子を見ると可愛いと思えるようにはなりました。これは自分でもビックリです。

子供嫌いな私が子供を欲しいと思ったのは、自分が理想とする家族を作りたかったから

子供嫌いでも子供を作った理由としては、やっぱりお父さん、お母さんと子ども2人くらいの自分が育ったような標準的な家庭に憧れがあったから。正直なところ、私に育児なんて大仕事が務まるのか、不安が全く無かったかといえば、不安はありました。

でも、それでも子供が欲しい、家庭を築きたいという自分自身の希望と覚悟があったし、今の主人と一緒なら幸せな家庭を築けるという判断のもと子供を産みました。

そんなこんなで、妊娠してお腹が大きくなって胎動も感じてくると、まだ顔も見たことが無い我が子に愛情が芽生えて、お母さんになるんだ、という気持ちもだんだんと出来ていました。

実際に生まれてみると…

確かにお腹にいた頃は母性を感じていました。しかし、生まれたばかりの頃は、正直大変すぎて可愛いと思えるのは、寝顔を見ている時だけ

心の底から可愛い!と思えるようになったのは、比較的寝るようになって表情も少しづつ出てくるようになった生後2か月頃。シオシオになって枯れかかっている母性がまた芽を出しました。

今では、よく笑ってくれるので、もう可愛くて可愛くて仕方がありません。

それでも、子供嫌いな人が子供を可愛いと思えるかは博打とも言える

結果、自分の子供はむちゃくちゃ可愛いわけですが、生後1か月頃は本当に「なんで産んだんだろう…覚悟してたつもりだけど、こんな大変だと思わなかった…。2人目なんて無理だ…。」ともう後戻りはできない育児に疲れてしまった時もありました。

関連記事:赤ちゃんが泣き止まなくてイライラする?泣かせても良いじゃない!

正直なところ、私が子供を可愛いと思えるまで頑張れたのは、まぎれもなく里帰りで実家の家族のサポートや酷い言葉を投げかけてもフォローしてくれていた主人の存在があったからだと思います。本当にあの時は助かりました。

もしも、産後すぐに退院して自宅に戻り、主人が非協力的な人だったら、私は子供に手をあげていなかったとは言い切れません

だから家庭の状況が分からない友人に「子供産みなよ、可愛いよ」とは口が裂けても言えない

そんな私だから今はたとえ自分の子が可愛いと思えても、他の友人に「子供産みなよ、絶対に可愛いから!」なんて無責任な発言はとてもじゃないけどできません。

それぞれの家庭の事情なんて、他人の私が分かるはずもないですし、子供を産み育てるのはあくまでその人たちですから。まして実は不妊症の人に言った日なんて、言われた方も悲しいですし、言った私も自己嫌悪ですよ。

私だって「私は(今は)楽しいよ。」と自分の意見や感想を述べるくらいの事はします。でも向こう何十年にも及ぶ現実、人生の修行と言っても過言ではない育児を「良いよ良いよ、絶対おすすめ!」なんて言いませんよ。本人が考えて決めることです。

それに、子供好きだから自分の子供も可愛いと思えるかどうかっていうのも保証はないですよね。実際に産んでみないと分からないもんです。だから、本人たちの覚悟が出来たタイミングで子供は作るべきだと思います。

自分が子供可愛くて仕方ないと思ってるからって、人に勧めるのは無責任以外の何物でもない

私自身は子供嫌いですが、自分の子供は産んで本当に良かったと思います。でも、こればっかりは産んでみないと分からないというのが本音です。

私と同じように子供嫌いなあなたが覚悟を決めて親になる選択をするもしないもあなた次第。だって私はあなたの生活や環境を全てを知っているわけじゃないし、責任も取れないから。

 

 

スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 井戸端ブログ , 2017 All Rights Reserved.