重要そうな事からどうでも良い事までお届けする雑記ブログ

妊娠中でも安心して飲めるノンカフェインのお茶・飲み物を集めました!

 

こんにちは。

妊娠中前は飲み物なんて何でも気にせず飲んでいたママでも、妊娠したことが分かったら「これはカフェインが含まれてるかしら?」と気にしますよね。

色々と制限があるので、どんなものなら飲んで良いの?と疑問をもつママも多いのではないでしょうか。

というわけで今回は妊娠中のママでも安心して飲めるノンカフェインのお茶や飲み物を紹介していきます。また、ノンカフェインでも注意が必要なお茶もあるので、そちらも併せて書いていきますね。

もちろん、授乳中のママでも飲めるので産後のママも参考にしてみてください!

スポンサーリンク

妊娠中・授乳中でも飲めるノンカフェインのお茶や飲み物

妊娠中でも安心して飲めるルイボスティー

妊娠中はカフェインはあまり取り過ぎないようにしたいもの。というわけで、早速ノンカフェインの飲み物を紹介していきます。

ルイボスティー

ここ数年でスーパーでも普通に見かけるようになりましたね。

カルシウムや鉄なども含んでいるので、栄養成分的にも妊娠中に最適なお茶。

私も妊娠前から飲んでいますが、クセがなく飲みやすいです。

味は紅茶のようですが、渋みは無く、香りもそんなに強くないので、お食事にもおやつにも合う万能ノンカフェイン飲料という印象。

紅茶のような味なので、牛乳を入れてミルクティーにしても美味しいです。

クセのあるお茶は苦手…という人にオススメです。

たんぽぽ茶

たんぽぽ茶は妊娠中より産後の母乳育児時期によく飲んでいたお茶です。

血液の循環を良くするので、母乳が出やすくなるというのを聞いてせっせと飲んでいました。もちろん妊娠中も血液の循環を良くすることは大事なので、妊娠中から飲んでも良いですね。

また、ルイボスティーと同様に鉄やカルシウムを含んでいるので、栄養成分的にも◎。

私が飲んでいたのは、ティーライフのたんぽぽ茶。黒豆などもブレンドされているので、純粋な100%たんぽぽ茶の味は分かりませんが、飲みづらさは感じませんでした。

黒豆茶

実家でよく飲んでいたのが黒豆茶です。

体を温めてくれるお茶なので、妊娠中から産後まで飲みたいお茶ですね。食物繊維も入っているので、便秘に悩む妊婦さんにもオススメです。

黒豆の香ばしい香りがしておいしいです。洋風なものよりも和風なものに合うお茶かな、と思います。

葉っぱではなく豆なので、煮出す時間は少し長めにしないと、薄~いお茶になってしまうので、注意です。

そば茶

お蕎麦屋さんに行ったときなどに出てきて、飲んだことがある方も多いかと思います。

食物繊維を含んでいるので、妊娠中に悩みがちな便秘にも効果があるかもしれません。

香ばしい香りが心地よく、飲み口は軽いので、いくらでも飲める感じです。

ごぼう茶

冷え性や便秘の改善が期待できるので、妊娠中も安心かつ積極的に飲んで欲しいお茶です。

お味はというと、純粋なごぼうのみのお茶は「あ、ごぼう煮た汁だ…。」という感じ(笑)

なので、おすすめは黒豆など他のノンカフェインの素材のものとブレンドされたものを購入するということでしょうか。

「いや、お腹の赤ちゃんのために純なごぼう茶だ!」と頑張っても良いですが、お茶を飲んでホッとリラックスという訳にはいかなさそうですね。

杜仲茶

鉄やカルシウムも含まれているため、妊娠中もぜひ飲みたいお茶ですね。

国内産か海外(中国)産か製法の違いでも味が変わってくるため何とも言えませんが、独特のクセがあって飲みづらいな…という方もいます。

体に良いのは分かったけど、飲めるか心配という方はお試しサイズから始めてみると良いかもしれません。

味も安全面も国産の方が良いので、産地を確認して購入してくださいね。

なた豆茶

血液をきれいにして、血行も良くしてくれるお茶なので、妊娠中も安心して飲んでください。

また、なた豆茶は膿をだしてくれる効果もあるので、蓄膿症(副鼻腔炎)などに悩んでいるママには最適です。

なた豆茶は味の想像がしにくいですが、香ばしくて意外と飲みやすいお茶なので、ぜひ試してみてくださいね。

デカフェのコーヒーや紅茶

私は妊娠前はコーヒーどっちでも良い派だったんですが、妊娠してから無性にコーヒーを飲みたくなりました。

カフェインの摂りすぎは良くないという事で、コーヒーを飲みたいときはデカフェのインスタントコーヒーを飲んでましたよ。

ブラックで飲むと少し微妙でしたが、カフェオレにすれば、そこまで違和感はなかったです。

ノンカフェインだけど妊娠中は注意が必要なお茶

お茶の効能・副作用を調べる

ノンカフェインなんだけれど、飲み方や種類によっては少し注意が必要というお茶もありますので、注意点をよく確認してから飲んでみてくださいね。

麦茶

ノンカフェインのお茶の代表格ですが、麦茶は体を冷やす飲み物。

ですので、夏場にキンキンに冷えた麦茶を飲み干したくなるかもしれませんが、常温、もしくは温かくして飲むことをオススメします。

麦茶は飲みなれている人も多いので、違和感なく飲めるお茶ではないでしょうか。あと、価格も良心的でいいですよね。

昆布茶

え、渋いチョイスだなって?

美味しいじゃないですか、昆布茶。飲むとホッとしますよね(私だけ?)。

ただし、塩分が入っているので、飲みすぎは注意です。

飲みきれない!という場合はお料理にも使えるので、便利ですよ。

ハーブティー

ハーブティーと一言で言っても種類は様々。

ルイボスティーやローズヒップなどは妊娠中でもオススメできます。

しかし中には、カモミールやジャスミンのように子宮の収縮作用のあるハーブもあるので、お医者さんや薬剤師の方などに相談してみると良いかと思います。

まとめ:色々なノンカフェインのお茶や飲み物を試してお気に入りを見つけよう

私も妊娠を機に、ノンカフェインのお茶や飲み物を調べて、色々飲んでみました。

今までは飲んだことのないお茶や飲み物を飲んでみて「意外と美味しくて気に入ってしまった。」「身体の不調が良くなってきた。」ということであれば、きっとママと赤ちゃんに合っているお茶でしょうから、産後も飲み続けたいですよね。

というわけで、今回紹介したノンカフェインの飲み物で興味があるもの色々と試してみて、お気に入りのお茶をぜひ見つけてくださいね。

それでは、今日はここで。あなたとご家族に幸せが訪れますように!

 

 

スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 井戸端ブログ , 2019 All Rights Reserved.