重要そうな事からどうでも良い事までお届けする雑記ブログ

赤ちゃん連れのお母さんに話しかけてくるお婆ちゃんは大抵、自分の孫の話がしたいの法則

 

こんにちは、今日も息子を見せびらかしながらお散歩している薫です。

赤ちゃんやお子さん連れのママ、見ず知らずのお爺ちゃんやお婆ちゃんに話しかけられること結構ないですか?

私も今まで色んなお爺ちゃんやお婆ちゃんに「赤ちゃん可愛いね。」と話しかけられました。何度も話しかけられて分かったのはお婆ちゃんは十中八九、自分の孫の話がしたいから話しかけてくるんだな!ということ。

今回は、見ず知らずのお爺ちゃん、お婆ちゃんが子連れママに話しかけてくる真意を私なりにお話しますね。

スポンサーリンク

「赤ちゃん可愛いね。」と声かけられると、やっぱり嬉しい

まず、見ず知らずの人に「赤ちゃん可愛いね。」と声を掛けられることに関してですが、私はとても嬉しいです。

結婚してから知り合いもいない土地(しかも田舎)で生活しているので、誰かに話しかけられると嬉しくなっちゃいます。それだけでも嬉しいのに我が息子を「可愛い」なんて言ってくれるので、心の中は有頂天ですよ。

世の中のママたちなら分かると思いますが自分の子って「世界で一番可愛い!」ですよね。その赤ちゃんを「可愛いね」と言ってくれる人はきっと良い人に違いないと思ってしまいます。すみません、私すごく単純なんです。

お婆ちゃんの目的は私の息子じゃない?

しかし、今まで話しかけられて感じたことは、お婆ちゃんの場合は十中八九、自分の孫の話をする口実に私の息子に近づいてきたな!ということ。

「あら、赤ちゃん可愛いわね~。」の後に続くのは「うちの孫もね…ウンタラカンタラ…ウンタラカンタラ…じゃ!」である。中にはわざわざご親切に携帯電話を取り出して孫の写真まで見せてくれるお婆ちゃんもいる。

中には本当に「可愛いわね。」だけ言って去っていくお婆ちゃんもいますけど、ですね。

気持ちは分からなくもない

私も鬼じゃないので、ちゃんと話を聞きますよ。「お前の孫の事なんかどうでもいいんじゃ~!それより息子を見ろ~!!」とかは言わないので大丈夫です。一応、自分の孫の話をする取っ掛かりにうちの息子のこと「可愛い」って言ってくれたお礼にね。

あとね、そういう子たちはお父さんお母さん、爺ちゃん婆ちゃん色んな人に愛されて幸せだなって思うと何かほっこりしますよね。

それにね、多分うちの母親も同じような事してますから。それくらい自分の孫って可愛くてしょうがないんでしょうね。きっと私も孫ができたら誰かれ構わず話したくなるんでしょう、うんうん。

困るのは、その後に家族の愚痴を話されること

孫の自慢までは良しとしましょう。しかし、一番困るのはですね…その後に自分の息子やら嫁さんやらの愚痴を言われることですね。

「うちにも孫がいるんだけどね…。」の後に更に続くのは「まったく、うちの息子は結婚して遠くに行っちゃったんだけど…ウンタラカンタラ…プリプリプリプリ。」

お孫さんの話ならニコニコ聞いてればいいですが、家族の愚痴となると、ただの他人の私はどんな顔して聞いてればいいですか?苦笑いしかできませんよ?

お爺ちゃんはそうでもない

お爺ちゃんの場合はというと、そんなことはなく。「可愛いね~。プックプクだね~。(←大体言われる、太っちょだからな息子氏)」と言って去っていく人がほとんど。多分、本当に子供好きなお爺ちゃんなんでしょうね。

やっぱりここは男女の違いかな、と思います。母性はお婆ちゃんの方がやっぱり強いのかな?

「赤ちゃん可愛いね。」と話しかけられたらお婆ちゃんの孫自慢を聞いてあげよう!

きっと、あなたに「赤ちゃん可愛いね。」と話しかけてくるお婆ちゃんは既にありとあらゆる知り合いの人に自分の孫の可愛さを語り尽くしちゃった人だと思うんですよ。

「あ~、またお孫さんの話?もう108回くらい聞いたわ。」って誰も聞いてくれなくなっちゃった人だと思うんですよ。

だから、聞いてあげてください。もし、その後に家族の愚痴を言い出したら苦笑いしながら右から左に聞き流しましょう。いつの日かあなたが自分の孫の話をする側になるかもしれないですからね、お互い様です。

そして、いないとは思いますが、この記事をお婆ちゃん世代が見ているのならば、孫の話は良いですが家族の愚痴はお控え願いたい。どんな顔して聞いて良いのか困るから!

 

 

スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 井戸端ブログ , 2018 All Rights Reserved.