重要そうな事からどうでも良い事までお届けする雑記ブログ

親の心子知らずは本当だった!~母になって分かった母の偉大さとありがたみ~

2018/01/11
 

 

こんにちは、薫です!

「親の心子知らず」とは昔からよくいったものですが、子供を持つまでは「何を大げさな」と思っていました。しかし子供を持ってみて初めて「親心」っていうのが本当によく分かりました。

そんなわけで今回は子供を持つまでと持った後の母に対する気持ちを書いていこうと思います。

スポンサーリンク

子供を持つまでの私は大きくなっても子供のままだった

偉そうなことばかり言わないでよ

思春期は特にだけれど、なにかと反抗すると「一人で大きくなったみたいな言い方して」と母に言われてきました。

「そうだよ、あんたが居なくても一人でも大きくなれたわ、偉そうに。」と心の中で思っていた私。今思えば、なんて娘だって感じですよね。

自分は妹より愛されてないと思っていた

私は昔からどちらかと言うと口下手で女の子の割にあまり喋らない子だった。対して妹はお喋りも上手だし気もよく回るタイプ。

母と妹が楽しそうに話していると、私は何だか2人の会話の輪に入ってはいけないような気がして、いつも羨ましいなと思いながら妹を見ていた

そして「お母さんは私といても楽しくない。私はあまり好かれてない、妹の方が好きなんだ。」と変にひねくれていました。自分の子が嫌いだったら労力かけて育ててないですよね。

自分が母になって我が子に感じること

自分より大切な存在ができた

こんな書き方をすると、夫のマッサンはどうでも良いんかいと思われそうだが、やはり血の繋がった我が子というのは特別なんですよ。

以前ニュースで、母親が自分の子供をかばいながら殺人犯にめった刺しにされて亡くなった事件を見た時に「私だったら、そんな事出来ないかも」と思っていましたが、子供を持った今なら、そのお母さんの気持ちが行動が痛いほどよく分かります。

幸せになって欲しいと心から願う

今は私や他の家族だけに取り囲まれて、大事に大事に育てているけれど、保育園に行くようになれば、小学校に行くようになれば、当然嫌なことや悲しいこと悔しいことを体験するのは明白。

今からそんな事を考えては胸がギュッと痛くなるけれど、私だって嫌なこともあったけど不幸せな訳じゃない。

マイナスの経験も絶対に避けては通れないけれど、無事に成長して幸せになってね、と本当に心の底から願っているし、この子の為ならどんな事も頑張ろうと思える存在です。

母になって感じる自分の母の存在

どれだけ苦労して育ててくれたんだろう

私は小学生の時に男の子に苛められたせいもあって、男の子が苦手でした。だから、お金の事も何も考えずに中学からは女子校に行きたい、と我がままを言ってしまったのです。当然女子校は学費の高い私立ということも考えずに。

我が家は決して裕福な家庭ではありません。だから母もほぼフルタイムに近いパートで働いていた時もありました。それでも父は家事を手伝わない人(母より帰ってくるのが早くても)。

私と妹もできるだけ家事を手伝ってはいましたが、それでも忙しい母は2度ほど癌にかかり、長期の入院をしました。きっと私が想像する以上にストレスが溜まっていたのだと思います。

それでも母は太陽のように明るい人

病室では看護師さんにも「薫母さんは、病人とは思えないくらい明るい」と言われるほど明るいまさに太陽みたいな母

私が病室にお見舞いに行っても、明るかったです。でも、最近になって「あの時は辛かったし心細かった。」と言う母に、もしかしたら私たちが帰った日の夜は心細くて泣いてたのかもしれない、と心が痛くなりました。お母さんて本当に強いな、と思います。

お母さんの気持ちなんて全然分かってなかった。ごめんなさい。そして、ありがとう

自分が家庭をもって、子供をもって、はじめて分かりました。どんなに苦労して私を育ててくれたのかを、どんなに私や妹のことを想ってくれていたのかを。おかげで何とか今日まで無事に成長して暮らせています。

生意気なこと言ってごめんなさい。苦労ばかりかけてごめんなさい。

そして今日まで見捨てずにいてくれて本当にありがとうと言いたいです。

おわりに

自分が母になってみると、自分の母を超えられる気が全くしないです。

以前、主人との結婚前に両親の顔合わせの食事会をした時、主人のお母さんが「薫さんのお家はお母さんが居てこそね。」と言われたことがあった。その時はピンとこなかったですけど、家庭を持ってみて本当にそうだと思いました。

自分が言った我がままを後悔しても何も変わらないので、今からでも親孝行したい…何ができるかなと思案中です。

そして私もいつの日にか息子に「一人で大きくなったみたいな言い方して」と母と同じセリフを言う日が来るんだと思います(^_^;)こうして親と子のやり取りは繰り返されていくんでしょうね。

親になって初めて分かった気持ち、こういう気持ちを味わうことができただけでも、子供を持って良かったな、と思います。

 

 

スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 井戸端ブログ , 2017 All Rights Reserved.