重要そうな事からどうでも良い事までお届けする雑記ブログ

ピル後進国の日本!ピルは避妊だけのものじゃない

2018/01/13
 

こんにちは、私は生まれてくる性別を間違えたと思っている薫です。

女性の中で生理痛が酷い、重いという方はいらっしゃいますか?私は無茶苦茶生理痛が酷かったです。しかし、産婦人科でピルを処方してもらって飲んでからは大分生理痛も良くなりました。

今回はピル=避妊の為のものというイメージを持っている方にそれだけじゃないよ、ということをご紹介していきますね。

スポンサーリンク

ピルの効果

避妊効果

ピルと聞いて一番最初に浮かぶのが避妊薬という方が一番多いのではないでしょうか。「経口避妊薬」とも呼ばれますからね。

実際、ピルはきちんと服用していれば避妊率は99.9%とほぼ100%に近い確率で妊娠を防げます。日本で割と一般的なコンドームの避妊率が85%程なのを考えると避妊方法としてはかなり優秀ですよね。

ピルが避妊に効果があるのは、ピルに含まれる黄体ホルモンと卵胞ホルモンが脳の下垂体に作用することにより、脳が「妊娠した」と勘違いして排卵を止めることにより妊娠しなくなります。また、ピルには子宮内膜を薄くする作用もあるので、着床もしづらくなります。

できちゃった結婚、授かり婚が悪いとは言いません(中絶という選択をしないのは偉いと思います)が、結婚後は夫婦二人の時間をしばらく持つためにも避妊はしっかりしておいた方が良いですよね。

男性が避妊に積極的でない場合(そんな男とは別れた方が良いと思いますが…)女性側でしっかり避妊が出来る方法なので覚えておいてくださいね。

生理不順の改善に

私の周りには結構生理不順の人が多いです。いつ生理が来るのか分からない、はたまた生理の間隔が空きすぎると万が一妊娠していたとしても「いつもの生理不順か」と気付かないまま妊娠が進んでしまう可能性もあります。

その点、ピルを服用すると28日周期で生理周期が整う為、生理日の予測ができ妊娠していた場合も(避妊率100%ではないのでね)早めに気づくことが出来ます。

PMS(月経前症候群)や生理痛、子宮内膜症の軽減効果

私がピルを飲みだしたきっかけはこれですね。私の場合、PMSの症状(生理前にイライラする)などはありませんでしたが、とにかく生理痛が酷かったので、ピルには相当助けられました

生理痛が酷い人の中には私のように子宮内膜症などの病気になりかけている、または既に病気にまで発展してしまっている人も居るかと思います。

そのような場合もピルを服用して症状の緩和を図ることが出来ます。

将来の妊娠の為にも

妊娠するためには、子宮内膜が厚すぎても薄すぎても妊娠(実際には着床)しづらくなるため、私のように子宮内膜が厚くなりやすい体質の場合、ピルを服用することにより、子宮内膜が薄くなり、妊娠しやすくなります。将来の為にも妊娠に最適な子宮の状態に近づけておくことは、大切かと思います。

今は結婚する気も子供を生む気も無い女性でも、いつ気持ちが変わるかは分かりませんから、今からでも妊娠したいと思った時の為にピルを服用することは損にはならないのではないでしょうか。

ピル服用のしかた

生理が始まった1日目から開始し、毎日同じ時間に1錠を服用します。21錠タイプでしたら21錠飲んだ後の7日間はピルをお休み、28錠タイプでしたら21錠飲んだ後シートの最後にある疑薬(何日ピルをお休みしたか分かりやすくするための効果のない錠剤)を7日間服用します。

私がピルを飲みだしたきっかけ

前述したように私はかなり生理痛が重い方です。生理が重くなりだしたのは高校生頃から。生理が始まると毎回ロキソニンを服用して痛みを和らげていました。ロキソニンを飲んでいれば、痛みは大分軽減されますが、年月を重ねるごとに生理痛は重くなるばかり

主な症状は腹痛と腰痛でしたが、痛みがあまりに酷いと吐き戻してしまったり、体から熱が無くなったような感覚(悪寒がする)になり、目の前が真っ白になったりと、何度か駅の駅長室で休ませてもらったこともありました。この辛さは実際体験してみないと分からないとは思いますが、生理痛が本当に重い人なら分かってもらえるかと思います。

ロキソニンなどの鎮痛剤は飲み続けていると効きが悪くなるという情報を耳にしたのと、どんどん酷くなる生理痛に耐え切れず、社会人になってしばらくしてから産婦人科にかかることにしました。内診の結果「子宮内膜症(※1)の気があるね、でもまぁ、まだそこまで酷くないかな…」とお医者様から言われ、続けざまに「放っておくとチョコレート嚢胞(※2)になる可能性も無くはない。」と言われてしました。

そこでお医者様と相談をして低用量ピルのルナベルを服用することに決めました。

(※1、2)

子宮内膜症は、子宮内膜あるいはそれと似た組織が子宮内腔以外の部位に発生し、女性ホルモン(エストロゲン)の刺激を受けて増殖する疾患です。

 子宮内膜症の大部分は骨盤内に発生し、その病変部は月経時に、子宮内膜と同じようにはがれて出血します。卵巣内で増殖すると、毎月、卵巣にチョコレート状になった古い血液がたまって大きくふくれ、いわゆるチョコレート嚢胞のうほうを形成します。

Yahoo!ヘルスケア より

 

副作用もあるので注意

どんな薬にも大抵副作用はあります。もちろんピルも例外ではありません。

副作用としては、頭痛、吐き気、不正出血、胸が張ったりするという症状が出る場合があります。

大体は1~2か月ほどすれば症状も治まるらしいのですが、症状が長引いて治まる気配が無い場合は、お医者様に相談してください。ピルにも色々あり、A社のピルでは副作用が出たけれどB社のピルでは副作用が出ないという場合もあるそうです。

また、飲み始めに症状が出る人、稀ではありますが何年も飲んでいたのに急に副作用が出る人など副作用が出るタイミングは人それぞれなので「何年も飲んでるピルのせいではないな」と決めつけずにお医者さんに相談しましょう。

太るというのも副作用でありますが、食欲が増すことが原因というだけで、きちんと食事の管理をしていれば太る心配はほとんど無いと思います。

病院で処方してもらうこと

個人輸入などで病院にかからなくてもピルの購入は可能ですが、オススメしません

中には偽造品(全く効果のないもの)を買わされる場合もありますし、副作用が起きた場合に適切に対処できない可能性もあります。輸入代行業者のページで何か副作用が起きた場合は「保証はしない」「医者に行ってくれ」とはっきり書いてある業者もあります、私だったらそんな業者を通してピルを買おうとは思いません。

価格が安い、まとめ買い出来るそのメリット以上に危険があることもお忘れなく。

実際服用したピルの生理痛(子宮内膜症)に対する効果は?

ピルを飲み始めて最初の生理から効果を発揮してくれました。生理の時の痛みが全く無くなるわけではありませんでしたが、ロキソニンなどの鎮痛剤に頼ることは無くなり、以前のように酷い痛みで吐き戻したり、目の前が真っ白になることも無くなりました。

しばらく飲み続けていると、生理時の出血の量も減り、大分楽に。飲んで良かったと思いました。

私は処方してもらったピルが合っていたのか、ピルによる副作用はありませんでした

子供が欲しいと思ったらすぐに妊娠しました

ピルは利用を中止すればすぐに妊娠は可能とのこと。産婦人科の先生も結婚した際に「子供欲しければ、辞めたらすぐに妊娠は可能だからね。」とおっしゃっていました。

それを聞いていたので、結婚して30代も目前に控えた頃、子供が欲しいなと思いピルを辞めて子作りを解禁。欲しいと思ってすぐに妊娠しました。

避妊効果だけじゃない!女性は将来の為にも、服用を検討してみては?

日本ではまだまだ服用している女性は少ないですが、今は仕事に生きたいけどいずれは結婚して子供も!と思っている女性にとっては避妊と将来の妊娠の為の体作りが出来るので、服用するメリットは大きいかと思います。

初めて婦人科に行くのは勇気がいるかもしれませんし、内診も決して受けたいものではないですが、自分の体を自分で管理することは大事ですよね。貴女の年齢や肥満度、喫煙量などによっては使用を控えた方が良いと判断される場合もありますので、きちんと病院で処方してもらいましょう。

避妊以外にもメリットのあるピル、始めてみたい方は婦人科でお医者様に相談してみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 井戸端ブログ , 2017 All Rights Reserved.