重要そうな事からどうでも良い事までお届けする雑記ブログ

赤ちゃんが離乳食を食べない!私が試した一時しのぎ法~離乳食初期のゴックン期~

2018/01/11
 

 

こんにちは、薫です!

生後5か月頃になると離乳食を始めるお母さんと赤ちゃんも多くなりますよね。我が家も生後5か月と1週間くらいから離乳食を始めました。

一生懸命手作りしているお母さんもたくさんいるんじゃないでしょうか。私も初めての育児、初めての離乳食で「お母さんの心のこもった離乳食を食べさせてやろうじゃないの」と気合を入れて作りました。

でも、食べてくれない時もありますよね。でも、せっかくだから食べてほしい…そんな時、食べてほしい一心で色々試してみたので、その時のお話をしていきたいと思います。参考になれば(^^)

スポンサーリンク

初めての離乳食食べた?

我が家の息子は、最初の2週間くらいはよく食べてくれて順調に量も増え、完食してくれました。

このまま、順調にパクパク食べてくれるかも、なんて思っていたんですが、その後急に食べなくなって戸惑いました。

離乳食を始めて2週間、グズって食べなくなる…

良く食べてくれる子で助かったわ~♪なんて思っていたら、離乳食を始めてから2週間ほど経ったころ、急にグズって食べなくなりました

原因は?

10倍粥を作る時、ハンドブレンダーである程度潰してから冷凍、食べるときは解凍の後、茶こしで滑らかに裏ごししていたのですが「よく食べるから良いかな」なんて裏ごしせずに少し粒々が残る程度であげたら、気に入らなかったみたいです

分かってないようで、よく分かってますよね赤ちゃんて。

それでも食べるのはしぶしぶ

それからも一応食べてくれるのは食べてくれるのですが、しぶしぶ食べている感じで途中からグズりだしてしまうこともしばしばありました

一生懸命作った離乳食、食べてくれないと結構ショックですよね。どうにかして食べさせたい!と思って私があれこれ試した方法、良かったら試してみてください。

私が試してみた対策

以下に紹介するのは我が子のユウくんに対しては「一時しのぎ」くらいの効果しか無かったですが、もしかしたら素直な赤ちゃんであれば有効な策かもしれないので、ぜひお試しください。

目を見て食べさせてあげる

離乳食を食べさせる時、どうしても食べさせなれていない私は視線が息子の口元ばかりに集中していたので、それがいけなかったのか?と思って出来るだけ目と目を合わせてあげてみました。

今まで口元ばかり見ていて気づきませんでしたが、汚れを知らない綺麗な瞳でお母さんを見つめているではありませんか。

よし、きっと気持ちが通じ合って食べてくれるはず!1口…よし、食べた!2口…よし、食べた!3口…(フェフェェ…)あれ?

駄目でした、お母さんの想いは伝わりませんでした(泣)

効果は無かったですが、目を見て食べさせるのは食べる食べない別として「お母さんがちゃんと見てくれている」っていう安心感があるんじゃないかと思って気を付けています

一緒に食べてみる

お母さんが食べていれば、きっと興味を持って食べてくれるはず。ということでユウくんの離乳食と私の早めのお昼ご飯を用意して、いただきます。

「あー、美味しいな。」凄くわざとらしく言いながら私が食べると不思議そうにジッと見ているではないですか

これはいける!と思って離乳食に持ち替えてユウくんの口元へ、食べました…が、すごい渋い顔…。「お前が食べてるのと違うやんけ」と言わんばかりの顔でしたが…完食しました!

歌を歌って誤魔化す(替え歌も紹介!)

残りあと少しなのに!っていうところでご機嫌が悪くなってきたら、歌を歌って気を紛らわせて騙し騙し食べさせました。長時間は誤魔化せないので、ラストスパートの時に使ってみてください。

何を歌っていいか分からない人は「鬼のパンツ」を替え歌にしたので、良かったら歌ってみてください!!!コツは楽しそうに歌うこと!!!ちょっと恥ずかしいですが…さぁ、行きますよ…どうぞ!!!

 

鬼のパンツは いいパンツ

(お粥さんを 食べましょう)

 

つよいぞ つよいぞ

(うまいぞ うまいぞ)

 

トラの毛皮で できている

(お米さんから できている)

 

つよいぞ つよいぞ

(うまいぞ うまいぞ)

 

5年はいても 破れない

(5年食べても 飽きが来ない)

 

つよいぞ つよいぞ

(うまいぞ うまいぞ)

 

10年はいても 破れない

(10年食べても 飽きが来ない)

 

つよいぞ つよいぞ

(うまいぞ うまいぞ)

 

はこう はこう 鬼のパンツ×2

(食べよ 食べよ お粥さん×2)

 

あなたも 私も あなたも 私も

(あなたも 私も あなたも 私も)

 皆ではこう 鬼のパンツ

(皆で食べよう お粥さん)

 

※( )内が替え歌の歌詞です

※うちの子は女の子だから「うまいぞ」って表現は…ていう方は「美味しい」でも良いですよ(どうでも良いって?)

※食べるの「お粥さん」じゃないんだけど…っていう方は「離乳食」でも結構はまりますよ(いい加減にしろって?)

…その、何ていうか…ごめんなさい…私も疲れてるんです、変にテンション上げていかないと持たないんです…

でも、楽しそうに歌いながら食べさせるのは、後半の残りあと少しの間くらいならまぁまぁ効果があったので、ぜひ。

椅子みたいなものに座らせてみる

離乳食の初期ってお母さんが抱っこして食べさせますよね。それが嫌なのかなと思って座らせて食べてみようと思いました。

お食事用の椅子はまだ買っていなかったので、アップリカのバスチェアに乗せて食べさせてみました。グズって半べそだったものの、目の前に付いているガラガラを回して気を引くと少し落ち着いたので、その間にすかさずお口へ離乳食を…、最初の2,3日くらいはいつもと違う環境で気が紛れるのか食べてくれました

その後も前半戦はバスチェアに座らせると食べてくれていましたよ。

あと、バスチェアの何が良いって、離乳食でドロドロになっても、お風呂場でバシャーっと洗えるところが良いですね。用途が違いますけどね、食べてくれれば良し!(笑)

先に授乳してから食べさせる

本当はあまり良くないのかもしれませんが、泣き倒してこれは無理だな、と授乳した後に少し残してしまった離乳食を試しにあげたら、食べてくれました

でも、これは本当に食べてくれなくてどうしようもない時だけにしていました。

市販のベビーフードを試してみる

生後7か月も近くなってきた頃、ベビーフードなら食べてくれるのか?もしかして私の作った離乳食に飽きた?と思って生後7か月頃から食べられるベビーフードをあげてみました。

しぶしぶながらグズらずに食べてくれました。少し味や気分を変えるためにベビーフードをあげてみても良いかもしれないですね。

手作りの離乳食を食べてくれなくて、ベビーフードは食べてくれる。ちょっと複雑ですが、赤ちゃんが食べてくれるなら、それも良しということで(^_^;)

結局モグモグ期に移行したら食べだしました…

あれやこれやと試してみましたが、どれも一時しのぎ程度の効果でした。

生後7か月を過ぎてすぐ、食べないけどもういいや!と半ばヤケクソで思い切ってモグモグ期のメニューに移行したら、食べる食べる

どうやら「こんな鼻水みたいな離乳食嫌なんだぜ!」っていうのもあったんでしょうか。裏ごししないと食べない時期もあったのに…分からんですな。

※消化器官の発達が追いつかないかもしれないので、モグモグ期の時期はきちんと守ってくださいね

おわりに

どうでしたか?どれも割と気軽にできる対処法だと思いますが、効果があるかどうかは赤ちゃん次第ですね。

我が家の場合は一時しのぎは出来ましたが、結局時間が解決(モグモグ期へのステップアップ)してくれました。とはいっても、まだモグモグ期も始まったばかり、いつ食べなくなるか戦々恐々としています。

離乳食に関しては1歳を過ぎても食べなかったり、最初からバクバク食べる子もいたり、かなり個人差が大きいし、食べない理由も様々だと思うので、色々試してみても良いかと思います。

いずれにせよ、ゴックン期は食べることに慣れさせる時期で栄養面は母乳やミルクがほとんどなので、万一食べなかったとしても、あまり深刻に考えないでくださいね

 

 

スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 井戸端ブログ , 2017 All Rights Reserved.