重要そうな事からどうでも良い事までお届けする雑記ブログ

よく笑う可愛い赤ちゃんの育て方のコツは?妊娠中のチョコも効果的?

 

こんにちは。

子供がいる方もまだ子供がいない方もニコニコ笑う可愛い赤ちゃんに心癒されたことありませんか?

私は妊娠中、出かけているときに私を見てニコニコ愛想よく笑う赤ちゃんを見て「うちの子もあんな可愛い笑顔の赤ちゃんに育ってくれるかしら?」と期待に胸膨らませたものです。

同じように期待に胸膨らませているママもいるのでは?

そこで、今回はよく笑う可愛い赤ちゃんに育てるコツをご紹介します。妊娠中にできることもあるので(特にチョコレート好きの)プレママも必見の内容です。

スポンサーリンク

生まれたばかりの赤ちゃんでもよく笑う子は笑うの?

ニッコリ笑う赤ちゃん

生まれたばかりの新生児の赤ちゃんも笑うことはあります。

ただ、これは自分の意志で楽しいと思って笑っているわけではありません。新生児頃の笑みは「生理的微笑」と呼ばれるもの。

ニコッと周りの大人に笑顔を向けることで保護してもらおうという自己防衛手段としての笑いです。

自分の意志で笑う「社会的微笑」が見られるようになるのは、もう少し先の生後2か月~半年くらいの時期から。

なので、この子はよく笑う子だな~と確信が持てるのは生後2か月~半年以降ですね。

ちなみに我が家の息子は新生児期はニコッというよりもニマ~という感じの笑い(この表現で分かります?笑)が多かったかな。うちの赤ちゃんの笑顔なんか変!?なんて思わなくて大丈夫です。

良く笑う赤ちゃんにするコツは?妊娠中からできることも!

赤ちゃんにはたくさん笑顔を向ける、笑いかけてあげて

赤ちゃんは真似っこの天才です。まだ月齢が小さいうちは「え?そうかな?」と思うかもしれませんが、月齢が進むにつれて、言葉や行動だけではなく表情も真似っこしてきます。

なので、周りの大人やお兄ちゃん、お姉ちゃんが笑っていると自然と赤ちゃんもその笑顔を真似して、よく笑ってくれる赤ちゃんになりますよ。(表情に関しては鏡も見てないのに、どうやって真似っこしてるのか不思議でしょうがないですけどね)

真似っこがまだ上手でない月齢が小さい間でも、赤ちゃんは周りのママやパパの事をじっと観察してます。「笑わないじゃん」と言わず、真似して笑ってくれる日を楽しみにしながらニコニコしてあげてください。

よく、常に笑いかける、いつも笑顔でなんて見ますけど、辛くて辛くて仕方ないのに笑う必要はないのかな、と思います。子育てってやっぱり、大変だと思うので。

私も「いつも笑顔でいなきゃ、息子のために。」と思って努力していました。けれど、息子が何で泣いてるのか分からなくて、何しても泣き止まなくて息子の前でワンワン泣いてしまったことあります。

その時、息子はワンワン泣いている私を見て、なぜかケラケラ笑ってましたよ。

いつでも笑ってなきゃ!じゃなくて、できるだけ笑えるようにしようくらいの気持ちで大丈夫です。

心が折れてしまいそうなら、たまには泣いたって大丈夫!大好きな笑顔のお母さんの顔は赤ちゃんだって、ちょっとやそっとじゃ忘れませんよ。

赤ちゃんとスキンシップ

赤ちゃんにキスするパパとママ

赤ちゃんとママやパパの肌が触れ合うと「オキシトシン」という愛情ホルモンが分泌されます。

このオキシトシンの効果を少し紹介してみると

  • 幸せな気持ちになる
  • 社交性が増す(他人と関わりたいという気持ちが増す)
  • 学習意欲や記憶力の向上

等、赤ちゃんの心や精神面での成長にとって嬉しい効果をもたらしてくることが分かると思います。

ちなみにスキンシップを取ると赤ちゃんだけでなくママやパパもオキシトシンが分泌されるので、ママやパパも心が穏やかになる嬉しい効果が。

抱っこはもちろん、一緒に横になって手を握ってあげたり頭を撫でてあげたりするだけでも分泌されますので、ぜひ今しか味わえない赤ちゃんとのイチャイチャタイムを楽しんでください。きっと、そのうち手を繋ぐのも嫌がられるようになるでしょうから…。

赤ちゃんの行動にはオーバーリアクションで大げさに反応してあげて

ビックリする女性のアップ

赤ちゃんは自分の行動や表情で、ママやパパが反応を返してくれることが嬉しいみたいです。

ただ、「ワー、スゴイネー(棒)」みたいな地味な反応だと、赤ちゃんも少し不服かも(笑)

ここは気恥ずかしいママやパパもいると思いますが「わぁ、すご~い!!(パチパチパチ)」という具合に大げさな反応で返してあげてください。

ママやパパの大げさな反応に思わず赤ちゃんもニッコリするはずです。

その赤ちゃんがニコッと笑ったタイミングを逃さず、お母さんも笑顔で反応を返してあげましょう。

笑顔が他の人と関わる上で有効に働くということを学習して、よく笑うようになります。

妊娠中もたくさん話しかけよう

お腹にいる赤ちゃん(胎児)の頃からママの声や外の音が聞こえています。

いつ頃から聞こえているかというと、生後5ヶ月頃から。特にママの声は体内で響いて、他の人の声より鮮明に聞こえるんだとか。

科学的なデータはないのですが、ママがお腹の赤ちゃんに話しかけることでママ自身がリラックスしてドーパミンやエンドルフィンなどのホルモンが分泌されるのは確かなようです。

いずれも幸せホルモンですので、赤ちゃんの心に良い影響があるんでしょうね。

まだ、言葉も分からないだろう。なんかお腹の赤ちゃんに1人で話しかけるのなんて恥ずかしいな。なんて思わずに「今日はお外は寒い(暑い)んだよ。お外に出てきたら、きっとビックリしちゃうね。」など他愛のない事でいいので、話しかけてあげてみてください。

きっと、ママの心もほっこりして、その幸せが赤ちゃんに伝染するかもしれないですよ。

妊娠中のチョコレートがよく笑う赤ちゃんにする?

美味しそうなチョコレート

フィンランドのヘルシンキ大学の研究によると、妊娠中、日常的にチョコレートを食べるとフェニルエチルアミン(PEA)と呼ばれるホルモンが分泌されるとのこと。

このホルモンの効果は

  • ストレスを軽減させる
  • 幸せな気持ちになる

その効果はお腹にいる赤ちゃんにも影響を及ぼすんだとか。

特にカカオ分60%以上のダークチョコレートの場合は更にトリプトファンとエンドルフィンというホルモンの分泌を促すということなので、できればダークチョコレートを食べたいですね。

トリプトファンとエンドルフィンも幸せな気分にしてくれる効果のあるホルモンなので、赤ちゃんとママを穏やかな気持ちにしてくれます。

チョコレートなど甘い物が好きだけど、妊娠中は気が引けて今まで食べれなかった!というプレママにも朗報なんじゃないでしょうか。

私もこの嬉しい研究結果を聞いて、妊娠中は罪悪感なくチョコレートを食べていました。

しかも、私の好きなチョコはカカオ分70%くらいのダークチョコレート。なので毎日2,30gくらいずつ食べていました。

ただし、チョコレートにはカフェインとお砂糖も含まれているので、食べすぎには注意してくださいね。一日30gくらいが良いようです。

まとめ:上記、全部なんとなく実践しただけですが、息子はよく笑う赤ちゃんに育ちました

どの方法も特段難しいことはないかと思いますが、いかがだったでしょうか。

私も

  • 赤ちゃんには笑顔で
  • スキンシップをとる
  • 赤ちゃんに大げさに反応する(私、元々オーバーリアクション気味の人間)
  • 妊娠中に話しかける
  • 妊娠中にチョコレートを食べる

全てなんとなくですが実践したところ、息子はよく笑う男の子に育っています。

今回紹介したコツのおかげかは定かではないですが、簡単に実践できることばかりなので、やってみる価値はありますよね。

それでは今日はここで。あなたとご家族に幸せが訪れますように!

 

 

スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 井戸端ブログ , 2019 All Rights Reserved.