重要そうな事からどうでも良い事までお届けする雑記ブログ

母乳育児初期で辛かったこと3つ

2018/01/10
 

 

こんにちは、薫です!

母乳育児、出の悪い私は正直こんなに辛いだなんて思っていませんでした。

今回は母乳育児をしていて辛かったことを思い返してお話していきたいと思います。

これから出産を控えている母乳育児を頑張りたいお母さんにも参考にしてもらえればと思います。心構えは大事ですよね。それで実際は母乳の出が良かったら「私ってラッキー♪」って思っときましょう。実際そういう人はいますからね、羨ましい限りです。

スポンサーリンク

妊娠中は気楽に構えていた私

母親教室や母乳教室で「3時間おきの授乳」「吸ったら吸わせただけ出る」「母乳は飲みたいだけ飲ませて良いんだよ」という助産師さんの言葉やお人形を使って実際に抱き方を見たり体験してみたりして(ある程度)頑張れば案外いけるかも?頑張るぞ、なんて気楽に考えていました。

私は初めは母乳の出が悪いのに加え息子も吸う力が強くないので苦労しましたが、世の中には最初からジャブジャブ出るお母さん、飲むのが上手な赤ちゃんもいるんですよね、羨ましい!

母乳育児初期に辛かったこと3選

乳首がヒリヒリ

まだ赤ちゃんもお母さんも授乳に慣れていないうちは浅飲み(乳首の先だけ咥えて飲む)になりがちです。そうすると乳首に血豆が出来たり切れたりと授乳の度に痛くて痛くてたまりませんでした。

服が擦れるだけでもヒリヒリ痛くて、お腹が空いてユウくんが泣き出すと「あぁ、授乳しなきゃ、痛いだろうな~」と癒されて楽しいだろうと想像していた授乳が実際にはものすごく憂鬱に。

病院が用意してくれたセットの中に乳頭保護クリームがあったので塗ると少し摩擦も減って楽になりました。

あとは、乳頭保護器(シールド)は名前の如く乳頭を保護してくれるので、付けると格段に乳首の痛みが和らぎますよ。ずっと使っていると、母乳の分泌が悪くなってくるので様子を見て外しましょう。

それでも暫くは痛くて痛くて左乳が一時休戦状態に追い込まれました。その間は左乳だけ搾乳で乗り切ってましたね。

授乳時間が長い

まだまだ吸う力が弱い生まれたばかりの赤ちゃんだと、授乳時間が長いですよね。片方のおっぱいだけで20分とか吸っていることはザラにあります。それを両乳、そのあとミルクも足すので、授乳に1時間以上かかっていた時もありました。

それに加えて私の場合は吸いつきにくい陥没乳頭だったため、咥えさせるのにも時間がかかり、意識は朦朧。

関連記事:陥没乳頭・扁平乳頭の授乳は痛いし辛い…

「3時間おきの授乳?まぁ乗り切れるでしょ。10分くらいで授乳終わってあとは2時間以上は寝れるし」と思っていた無知な自分を呪いたいです…。

頻回授乳

授乳は3時間おき、私はそう聞いていたぞ。しかし、母乳の出があまり良くない私は、泣けばおっぱいの頻回授乳でした。

入院中も「1日10回以上を目標に授乳しましょう。中には1日20回以上飲ませてる人もいますからね。」と言われ絶句。

こうなると、授乳が終わって息子が寝ても、次はいつ泣き出すだろう…と身構えてしまってなかなか寝付けない日々が続きました。今思えば、コットに戻せばすぐ寝る産まれたばかりの頃にしっかり寝ておけば良かったと思います。

おわりに

生後7か月を迎える今は、授乳時間も短いし、自分から口を開けて飲んでくれるし、授乳は全然苦痛じゃないですが、思い返して書きだしてみると、あの頃ほんと辛かったな~と思うのと同時に、でもあんなに思いつめなくても良かったんじゃない?と冷静に自分を振り返ることができました。

完全に母乳育児の呪縛にかかっていましたね。母乳がダメならミルクがあるのにね(^_^;)

私の周りの女性で母乳じゃなきゃって必死になって辛い思いしてる人がいたら「ミルクがあるよ。」って今なら言っちゃいますもん、絶対に。

というわけで、母乳育児で辛い思いをしているのは、貴女だけじゃないので、安心してください。あと、母乳じゃなくてもちゃんと育ちますから大丈夫です。(完ミで育った薫 より)

関連記事:完母にしたいからミルクは足さない!?私の考え

 

 

スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 井戸端ブログ , 2017 All Rights Reserved.