重要そうな事からどうでも良い事までお届けする雑記ブログ

挙げる?挙げない?私が結婚式を挙げて良かった理由

2018/01/13
 

こんにちは、この間友人の結婚式に行ってきました!薫です。

最近は結婚式を挙げない人も結構いるみたいですね。私の親戚や友人は全員結婚式を挙げているので、本当に挙げない人いるの?と思ってしまいます。

私は和装の結婚式を挙げたのですが、結婚式挙げて良かった!と思ってます。

結婚が決まって、結婚式を挙げるか挙げないか迷っている人もいるかと思うので、私が結婚式を挙げて良かった理由をお話していきますね。こんな意見もあるんだと参考にしてみてください。

スポンサーリンク

華やかな非日常を味わえる

綺麗な花嫁衣装にプロのヘアセットとメイクアップを受けて臨む結婚式。人生でこれだけ華やかに過ごせる日もそう何度もないですよね。私の人生の中では少なくとも成人式と結婚式の2回だけです。

やっぱり華やかな衣装を着ると、女性はテンション上がりますよ。

特に結婚式は自分たち2人だけが主役なので成人式よりも特別に感じます。たくさんのスタッフの方が自分たちのために動いてくれて、三十路女がこんなこと言うのも恥ずかしいですがお姫様になった気分でした。

私は和装の結婚式だったので、生の雅楽を聞けたのが最高に良かったです。なかなか聞く機会も無いですからね。まさに非日常のハレの日でした。

ゲストも同じようにパーティードレスやヘアセット、メイクで来てくれるので、いつもと違う親戚や友人の顔が見れるのもまた楽しいです。

あと、面白かったことがあって…一般の参拝客の人たちがいる神社の中を、花嫁行列みたいに練り歩いたんですが、その時に中国人か何人だか分からない観光客の人に片言で「オメデトー」と言われました。

文化が違ってもちゃんと結婚式だって分かるんですね。

親戚が一同に集まれる

それぞれの親戚に個別に会うことはよくあるでしょうが、父方、母方両方の親族が一同に会することってあまりないんじゃないでしょうか。

特に私の母方の親戚はみんな遠方のため私自身、母方の親戚には数年に一度くらいしか会えません。ですので、結婚式で久しぶりに伯母さんやいとこに会えて楽しかったです。

私だけでなく、普段直接会っての交流はない父方と母方の親戚同士も楽しそうに話していたので、やっぱり結婚式をして良かったなと思いました。

みんな私が小さい時から知っている人たちなので、大人になった私たちのために集まってくれて、感慨深かったですね。そして、これだけたくさんの人に祝福されて幸せだな、ということを改めて実感しました。

結婚した時の気持ちを思い出せる

もともと他人だった2人が毎日一緒に生活するわけですから、感覚が合わない…と思う時や相手にイライラしてしまう時も当然あるかと思います(相手も同じだと思いますが)。

そんな時に結婚式の時の写真や思い出の品を見ると、「あの時、こんな幸せな気持ちだったな。」「一生一緒にいようって神様の前で誓った相手なんだよね…。」と冷静になることができます。

すごく幸せそうな顔で写ってるんですよね、主人も私も。結婚式を挙げ終わって最初に写真見た時に「この人(主人)のこの幸せな顔を悲しい顔にしたらいけないな。」と感じたのを今でも思い出します(*^_^*)

あと、実家にも私たちの結婚式の写真が飾られているので「きっと両親も私が結婚したの嬉しかったんだろうな。」「簡単に喧嘩したり別れたりしたら両親(私の方も主人の方も)も悲しむよな。」とも感じました。

よく、結婚式を挙げないカップルの離婚率が少し高いと言われますよね。結婚式を挙げた人はやっぱり結婚式の日を思い出して、思いとどまるということが結婚式を挙げなかった人より多いからじゃないかな、と思います。

私は結婚式挙げて良かった派

今でも思い出すと幸せな気分になりますね。私は「人生はたった一度きり」と考えています。なので体験できることは、積極的に全て体験するタイプです。

確かにお金はかかりますが、金は天下の回りもので消費にも貢献できたんじゃないかな、と思います。

それに、最近は親戚だけのこじんまりとした結婚式も結構あるので、費用を抑えようと思えば抑えられます。私のいとこも親族だけのアットホームな結婚式を挙げていましたよ。

結婚式の思い出は一生ものなので、やらない!と最初から決めている場合は別ですが、迷っている…というなら挙げて後悔はないかと思います。

 

 

スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 井戸端ブログ , 2018 All Rights Reserved.